2007年08月19日

【お知らせ】親友のイラストレーター「デナリ」が個展をします!

彼女の絵は、正直良いのか悪いのか、僕にはよく分からないのです。

dm.jpg
けれど好きか嫌いかと言ったら、多分とっても好きなのです。
少々悔しいですが。
なぜって、彼女は大学1年生の頃から馬鹿やっていた仲間の
一人で親友だから、面と向かってお前の絵は好きだ、とか
いうのも照れくさいわけです。

更に悔しいのは、彼女は行動力が僕の4倍くらいあって、
世界中を旅する船に乗ったり、仕事をしながら色んな美しい
ものや楽しいことに常に開かれていることです。

面倒くさがりで、つい日々の仕事に閉じこもってしまう
タイプの自分としては、そんな彼女が常にうらやましく、
そして気に障る存在なのでした。
お前ってば一緒に馬鹿やってた仲間のくせに、いつも
俺よりも人生を楽しんでやがるぜ、こんちくしょーだ。

その人生を楽しく享受しようという姿勢が、彼女の「世界の
再構築の仕方」にも現れているようでなりません。

絵を通して再び創られた世界は、世界が世界としてあるという
奇跡を、開かれた態度で喜ぶという構えがあってこそ描ける
もののようで、余計に悔しくなってしまうのです。


==========================================
Mai Ohno" DENALI" 1st exhibition "TADA-IMA"(タダ・イマ)
==========================================
http://www.denali331.com/exhibition.html

旅の手ざわり、夢と記憶の漂流記。
近所のパン屋さんからこの世のおわりまで
どこかにあるかもしれない、ないかもしれない、
そんな世界のおかしな旅日記。
行き先は無限、けれど帰る場所はいつだってひとつ。
いま、ここ。 いま、このときだけ。
気がつけばつぶやいている、「ただ、いま。」
そしてどこからか聴こえてくる「おかえり。」

旅する絵描き、デナリ初の個展。
夏の締めくくりに、のぞいてみませんか?
だってほら、奇妙な旅へのチケットは
もう、あなたの手の中に。


開催期間
2007年8月21日(火)〜8月28日(火)
  (21日(火)18:00から20:00まで 会場にて
簡単なopening partyを企画しております。
お気軽にお越しくださいませ。)

  1:00pm-8:00pm
  入場無料

開催場所
Gallery "it's" ギャラリーイッツ
   http://www.gallery-its.com/



------------------------------------------------
当記事は、NPO法人フローレンス 代表理事駒崎弘樹の個人的な著述です。

病児保育を仕事にしたい、求人・就職に興味がある、という方は、こちらまでどうぞ。

いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________
posted by 駒崎弘樹 at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。