2013年03月26日

乙武アニキに泣かされました


南北線で号泣した三十超えたオヤジが来ましたよ。



重度障害を持って生まれてきた著者が、なぜ人々から愛され、心の底から幸福だと笑えるのか。

かくいう僕も、著者を愛する1人です。友人としての贔屓目なく、彼と一緒にいると、明るい未来を信じられるような気がしてきます。大げさな言い方で恐縮ですが、彼は人々を照らす太陽だと思います。

自己の中に輝く太陽を持つ方法。

それは強固な自己肯定感を持つこと。

しかし、ではどうやってその自己肯定感を、大きなハンディを持って生まれた彼は育めたのでしょうか。
それが本書の多くを割いて語られるものであり、本書を読んでその温度感をそのまま味わってもらいたいです。

その上で、僕はここで、友人という立場から彼と彼の著作について少しだけ語りたいと思います。

彼は自ら教員となり、その経験を生かして東京都教育委員になり、彼が信じるところの自己肯定感を全ての子どもたちが感じられる社会の実現を目指しています。

僕は小学校にあがる前の乳幼児期の子どもたちへの養護と教育、すなわち保育を通じて、全ての子どもたちが自己肯定感を持ち、同時に親たちも仕事と育児の両立と自己実現によって、自己肯定感を得られる社会を創りたいと思っています。

自己肯定感という軸によって、僕の仕事と彼の仕事は綺麗に重なり、共鳴していきます。

しかし、この共鳴が起きるのは、もちろん僕だけではないはずです。
この本を読む親の皆さんは、我が子の自己肯定感を日々育む自由と責務を持つ人々だろうし、妻を持つ夫は(あるいはその逆も)、パートナーたる相手の自己肯定感を花開かせる役割を担っています。

また部下を持つ上司も、教え子を持つ教師も、その指導を授ける人々の自己肯定感を高め、内発的成長を促すことができるし、実は立場が下の人からだって、立場が上の上司や教師や取引先の人々の自己肯定感を高めることもできます。

更に友人や、行きつけのお店で働く人や、あるいは我々の代表たる政治家の自己肯定感だって高めることだってできます。

このように我々全てが、自らが関わる全ての人たちの自己肯定感にプラスの影響を与えられ、そして彼らの輝きを増すことに貢献しうるのです。もし全ての人が周囲の全ての人たちに、そうした貢献を行ったならば、我々の社会は如何に明るく輝くことになるでしょうか。

その時、我々は自らの手で、太陽を生み出したと言って良いのではないでしょうか。

そう、この本はそうした魔法を、著者独特の等身大の語り口で私たちに伝えるものです。
良かったら多くの人に、この本を読んでほしいと思います。

僕の拙い文章では描ききれない温かな希望を、感じてもらえたらと願います。


--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。

病児保育(病児シッター)が必要だ、という方はフローレンス本体のページを御覧ください。

病児保育を仕事にしたい、という人は病児保育スタッフ採用情報へ。

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、小規模保育所である「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。なお、おうち保育園で少人数保育をしたい!という保育士・幼稚園教諭の方は「おしらせ」内の採用情報を御覧ください。

フローレンスの病児保育サービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付をして下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

被災地の中高生向け学習支援「希望のゼミ」に共感し、寄付をして下さる!という方は、フォームからお申し込みください。

外で遊べない福島の子どもたちに屋内公園を提供する「ふくしまインドアパーク」に寄付したい!という方は、パークサポーター説明ページからお申し込み下さい。

ワーク・ライフ・バランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.jp/

駒崎が提案する、預金者の権利を守りながら、休眠口座を被災地・貧困支援に活用する案については、ここをご覧下さい。

小規模保育所を立ちあげたい、という方は全国小規模保育協議会までご連絡頂けたらと思います。

病児保育について学びたい、という方は(財)日本病児保育協会の研修にご参加下さい。

いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/352340974
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。