2013年03月06日

育休は男性にとっては「家庭内留学」


ソトコト4月号「参加論」にて掲載。

ssotokoto201304.jpg


育児休業は休業というくらいだから、休んでいると思われがちですが、さにあらず。
育児という仕事をするわけです。そしてその仕事は、学びに溢れたものになります。

職場の仕事であれば、1日のスケジュールはカッチリ決まっていますし、それがゆえにハンドリングしやすい。けれど、予測のつかない動きと突然泣き出す子どものケアは、不確実性の宝庫。その不確実性の1000本ノックをひたすら返し続けていくことで、どんな状況になろうが慌てず騒がず、最適解を瞬時で見つけられるようになります。これは、仕事に生きないはずはない

更には仕事を抱えがちな人は、自然と職場においてはブラックボックス化します。ブラックボックスがあると、パンクしても作業内容が分からないためヘルプもできず、何か変則的な事態が発生すると、炎上するわけです。こうしたブラックボックス化も育休を取り、自分の仕事を強制的に分担してもらうことで防げるので、仕事の見える化に繋がっていくのです。

育児の観点のみから語られがちの育休ですが、実は仕事面からも良い効果があるんだぜ、ということを語っています。プレパパの皆さん、ご覧あれ。


--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。

病児保育(病児シッター)が必要だ、という方はフローレンス本体のページを御覧ください。

病児保育を仕事にしたい、という人は病児保育スタッフ採用情報へ。

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、小規模保育所である「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。なお、おうち保育園で少人数保育をしたい!という保育士・幼稚園教諭の方は「おしらせ」内の採用情報を御覧ください。

フローレンスの病児保育サービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付をして下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

被災地の中高生向け学習支援「希望のゼミ」に共感し、寄付をして下さる!という方は、フォームからお申し込みください。

外で遊べない福島の子どもたちに屋内公園を提供する「ふくしまインドアパーク」に寄付したい!という方は、パークサポーター説明ページからお申し込み下さい。

ワーク・ライフ・バランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.jp/

駒崎が提案する、預金者の権利を守りながら、休眠口座を被災地・貧困支援に活用する案については、ここをご覧下さい。

小規模保育所を立ちあげたい、という方は全国小規模保育協議会までご連絡頂けたらと思います。

病児保育について学びたい、という方は(財)日本病児保育協会の研修にご参加下さい。

いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。