2013年03月04日

2回目の育休を終えて


12月24日の第二子誕生から2月末までの2ヶ月ちょっとの育休が、終わりました。

s2013-02-17 14.38.06.jpg

自分にとっては第一子に続き2回目だったので、ちょっと楽になるかな、と思ったのですが、いやはやそうでもありませんでした。

まず、第一子の時は産まれてきた赤ちゃんに集中すれば良かったのですが、第二子の時は上の子がいて、彼女のケアをしながらも新生児の面倒をみる、というダブルワークが発生しました。

そして気をつけていたものの、上の子が情緒不安定に突入し、赤ちゃん返り的な挙動に出始め、いつもの当社比1.5倍手がかかるようになり、大変さに拍車がかかりました。

また、産後の妻の回復のため、2時間ごとに起きる新生児の夜中の授乳は、前半後半交代制を敷き、対応しました。

これに加え、昼間は1時間〜4時間ほどのバラつきで電話会議やメール処理、自宅付近カフェでの取材対応等をこなしました。

その結果、疲労蓄積で免疫力が低下し、帯状疱疹になったりというトラブルを抱えながらも、この時期にしかできない悪戦苦闘を、フルスイングで1000本ノックできて悔いなしです。きっと死ぬ前に流れる走馬灯の一コマを創れたのではないかな、と思います。

そして、経営者が2ヶ月近くあんまり機能していなくても、微動だにしない鉄壁の運営を行う、事務局長以下我が団体のスタッフ達に、心からの感謝と敬意の念を持ちました。本当に支えてくれて、ありがとう。

更に、取引先や関係各社の皆さん、大事な要件なのに電話やSkypeやメールで済まさせて頂き、本当に感謝です。皆さんの理解もあって、素晴らしい日々を過ごすことができました。

今後は、2児のパパ業をなんとかかんとかやりながら、経営者として職場も社会もハッピーにさせていきたいです。そして「育休良いぜ」「イクメン楽しいぜ」と鼻歌まじりに叫びまくって、次の10年の新たな価値観のさざなみを起こしていこうと思います。


--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。

病児保育(病児シッター)が必要だ、という方はフローレンス本体のページを御覧ください。

病児保育を仕事にしたい、という人は病児保育スタッフ採用情報へ。

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、小規模保育所である「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。なお、おうち保育園で少人数保育をしたい!という保育士・幼稚園教諭の方は「おしらせ」内の採用情報を御覧ください。

フローレンスの病児保育サービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付をして下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

被災地の中高生向け学習支援「希望のゼミ」に共感し、寄付をして下さる!という方は、フォームからお申し込みください。

外で遊べない福島の子どもたちに屋内公園を提供する「ふくしまインドアパーク」に寄付したい!という方は、パークサポーター説明ページからお申し込み下さい。

ワーク・ライフ・バランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.jp/

駒崎が提案する、預金者の権利を守りながら、休眠口座を被災地・貧困支援に活用する案については、ここをご覧下さい。

小規模保育所を立ちあげたい、という方は全国小規模保育協議会までご連絡頂けたらと思います。

病児保育について学びたい、という方は(財)日本病児保育協会の研修にご参加下さい。

いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。