2013年03月01日

New York Times にコメントを掲載頂きました。残念ながら日本の待機児童問題が海外から注目


ついに世界から注目されるまでになった待機児童問題。(http://p.tl/MbEj-

スクリーンショット 2013-03-01 9.05.56.png

先日、IMFのラガルド専務理事とお話した時も「女性が先進国並に働けば、GDP成長率が4%アップ(過去10年では0.8%)するのに、なぜやらないんだ」と盛んに仰っておられました。

そう、「なぜ、とっととやらないのか」と僕も思いました。そして1つでも多くの良質な保育所を創ろう、と格闘してきました。

多くの人々は、「女は家にいろ」という昭和脳なオヤジ政治家の存在が壁だと言います。確かにそういう部分もあるでしょう。杉並区議の田中ゆうたろう等は、その典型であり、象徴です。(親達は『「お願いです。私達の子育てをどうか手伝って下さい」と言うべき』と自治体には保育の責務があるにも関わらず完全に転倒した論理を展開中 http://p.tl/twVl-

しかし、はっきり言ってそれは見えやすい敵なだけで、実は問題はもっと根深い

保育所の供給は、社会主義的に自治体が五カ年計画を策定し、それに合わせ予算を取り、それに合わせて事業者を募集し、彼らが計画的に配置して行きました。こうした「配給システム」は、専業主婦+サラリーマン世帯が大半であった時、つまり母親が働くことが例外であった時代にはマッチしていました。

けれど、多くの母親が働くことが当然となった1990年代頃から、需要が増加し、「配給」では間に合わなくなりました。自治体のスピードと、需要増加のスピードに乖離が生まれ、しかしそれを是正する面倒な制度改正を熱心に行う政治家も多くはなかったのです。

なぜか。保育を必要とした20代・30代層の投票率は決して高いものではなく、政治家にしてみれば、頑張って汗かくだけの見返りが少ないからです。同じだけ苦労するなら、ほぼ必ず投票してくれる高齢者に対し頑張った方がまし。

そんなわけで、公的支出は子ども(家族):高齢者は、1:11という先進国一のアンバランスな状態になったのでした。

だから、杉並区のエキセントリックな議員を叩いているだけでは、問題は解決しません。もちろん次回は絶対に投票しないでおけば良いですが、より本質的には自治体が配給するシステムを見直し、民間事業者が自由に参入していける仕組みを後押しすることです。

同時に、現在の認可保育所というがんじがらめの形態だけではなく、ヨーロッパのような多様な形態、少人数の小規模保育等を導入し、供給量を増やしていきます。

そしてそのように増えていく保育所たちの質が、良いものであるように、自治体はチェックと是正(と悪質な施設をキックアウト)を地味に繰り返していきます。つまり、自治体(行政)は、保育士雇って保育するプレイヤーから、良質な保育の供給が行われていくプラットフォームの管理者へと、役割変更していくべきなのです。

そんなわけで、僕は今日も地味に小規模保育所を開園し、目の前で困っている方々の力になりつつ、小規模保育の事業者がより多く増えていくようにノウハウをオープンにし、事業者育成していきたいと思います。更には国に対し、こうしたレジーム・チェンジを訴えていき、10年以内に待機児童が解消されるようにしていこうと思います。

国や自治体の方々、協力して下さい。人が作った問題は、人が解決できます。

いつやるか?もちろん「今」でしょ!!


--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。

病児保育(病児シッター)が必要だ、という方はフローレンス本体のページを御覧ください。

病児保育を仕事にしたい、という人は病児保育スタッフ採用情報へ。

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、小規模保育所である「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。なお、おうち保育園で少人数保育をしたい!という保育士・幼稚園教諭の方は「おしらせ」内の採用情報を御覧ください。

フローレンスの病児保育サービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付をして下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

被災地の中高生向け学習支援「希望のゼミ」に共感し、寄付をして下さる!という方は、フォームからお申し込みください。

外で遊べない福島の子どもたちに屋内公園を提供する「ふくしまインドアパーク」に寄付したい!という方は、パークサポーター説明ページからお申し込み下さい。

ワーク・ライフ・バランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.jp/

駒崎が提案する、預金者の権利を守りながら、休眠口座を被災地・貧困支援に活用する案については、ここをご覧下さい。

小規模保育所を立ちあげたい、という方は全国小規模保育協議会までご連絡頂けたらと思います。

病児保育について学びたい、という方は(財)日本病児保育協会の研修にご参加下さい。

いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。