2013年02月05日

子どもを地域のモンスタークレーマーから守る法律がそろそろ必要


朝日新聞土曜版の「子どもの声は我慢すべきですか?」特集にて取材頂きました。

sNC_【子どもの騒音】朝日新聞.jpg

記者さんにも申し上げたのですが、昨今の子どもの声をめぐる問題は、日本人のモラルの問題に回収されていますが、そうではありません。

現場では既に子どもの命に関わる治安問題になっています。

例えば私たちの運営するおうち保育園では、付近の高齢者が「子どもは親が見るべきだ」と突然侵入してくる事件がありました。これはまだ軽度で、中央区で運営する子育て支援施設には、パイプ椅子を振り回しながら中年男性が怒鳴りこんできた事案も発生しています。

識者は「コミュニティの解体によって、孤立した高齢者や独身者が子どもたちの声を騒音とみなすようになった。そういった人たちも社会的に包摂していく必要がある。」と仰ります。確かに中長期的には、そういった取り組みもしていくべきでしょう。しかし、短期的には今まさにパイプ椅子を持って怒鳴りこんでくるような人々から、子どもたちを守ることが先でしょう。

現状では、そうしたモンスタークレーマーに関して警察に話しても、「ご近所同士、何とか上手くやって下さい」で終わります。傷害未遂事件であってもおかしくないのに、です。

ドイツでは子どもたちに関わる施設における声や音は騒音とは見なさない、という法改正を行いました。日本でも同様の法律をつくり、理不尽なモンスタークレーマーから子どもたちを守る政策が求められています。

でなければ遅かれ早かれ、保育園に包丁を持った近所の大人が「うるさい」と叫びながら子どもたちの目の前に現れる、というニュースを、我々は新聞で見かけることになるのではないかと、深刻に危惧しています。

メディアの皆さん、「子どもの声を我慢するかどうか」なんて投票している場合ではないのです。我々の未来をむきだしの狂気から守るためには何をするべきなのか、ぜひ海外先行事例を含めて報道頂けますと幸いです。


--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。

病児保育(病児シッター)が必要だ、という方はフローレンス本体のページを御覧ください。

病児保育を仕事にしたい、という人は病児保育スタッフ採用情報へ。

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、小規模保育所である「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。なお、おうち保育園で少人数保育をしたい!という保育士・幼稚園教諭の方は「おしらせ」内の採用情報を御覧ください。

フローレンスの病児保育サービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付をして下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

被災地の中高生向け学習支援「希望のゼミ」に共感し、寄付をして下さる!という方は、フォームからお申し込みください。

外で遊べない福島の子どもたちに屋内公園を提供する「ふくしまインドアパーク」に寄付したい!という方は、パークサポーター説明ページからお申し込み下さい。

ワーク・ライフ・バランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.jp/

駒崎が提案する、預金者の権利を守りながら、休眠口座を被災地・貧困支援に活用する案については、ここをご覧下さい。

小規模保育所を立ちあげたい、という方は全国小規模保育協議会までご連絡頂けたらと思います。

病児保育について学びたい、という方は(財)日本病児保育協会の研修にご参加下さい。

いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 11:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事で書いた文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。