2013年01月26日

あの有名ファッションブランド各社様が、ひとり親支援にご寄付下さいました!


昨年末の12月18日、「ファッション専門小売業の発展」を目的にアパレル企業4社で運営する団体S.S.A.(正式名称:Specialty Stores Association、通称:S.S.A.)がチャリティパーティーを開催し、パーティーの収益金をフローレンスにご寄付下さいました。

ssa03.jpg

S.S.A.は1991年に「ファッション専門小売業の発展」を目的として発足後、販売員に必要な「知識」「スキル」「マインド」の習得のため、定期的に合同勉強会を開催するなど、人材の質的向上を目指して活動されています。

構成メンバーは、というと、現在「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング」から販売する寄付付き商品を通じてフローレンスをご支援くださっている、(株)ユナイテッドアローズ様も所属されていて、(株)アバハウスインターナショナル様、(株)ビームス様、(株)ブルックス ブラザーズ ジャパン様のファッション業界4社で、合同で活動されています。

ssa01.jpg

年末のチャリティパーティーは毎年恒例で今年はなんと22回目だそうです。自社だけでなく業界全体の成長の視座のもと、現場の販売員さん同志の勉強会を続けておられる団体の活動そのものもすばらしいですが、更に年末のこの集まりは初回から一貫してチャリティパーティーとして開催し、収益金をNPOなど社会問題解決のためのさまざまな活動にご寄付しているそうです。当日は、各社の功労賞の方の発表のほか、フローレンスも活動内容を紹介させていただきました。

ssa02.jpg

日常生活においてお店の販売員さんは身近な存在ですが、皆さんおしなべてご自身がお仕事に誇りを持っていらっしゃることが伝わってくる集まりで、販売員さんの「ファッションは人を幸せにする力があるもの。販売員はそういう出会いをつなげる楽しいしごと」という言葉が印象的でした。

その言葉のとおり、ファッションは人を、つまり社会を元気にできるもの。だからこそ、このように長年に渡り業界内の研鑽にとどまらず、社会問題を解決するNPOの活動支援を続けてくださっているのかもしれません。ご自身の仕事と社会とのつながりに常に目を向けている各社の皆さんの姿勢に、とてもよいパワーをもらえました。

S.S.A.に所属する4社の皆さまに感謝申し上げると共に、ご寄付はひとり親世帯の病児保育サポートの活動に、大切に使わせていただきます

アバハウスインターナショナル様、ビームス様、ブルックス ブラザーズ ジャパン様、ユナイテッドアローズ 様、本当にありがとうございました。

▼S.S.Aを通じてパーティー収益金をご寄付くださった4社
 株式会社アバハウスインターナショナル様 http://abahouse.co.jp/
 株式会社ビームス様 http://www.beams.co.jp/
 株式会社ブルックス ブラザーズ ジャパン様 http://www.brooksbrothers.co.jp/
 株式会社ユナイテッドアローズ様 http://www.united-arrows.co.jp/


フローレンスでは様々な企業からのご寄付などで活動を支えていただいています。
社会貢献活動でご寄付をご検討いただける場合には、ぜひお声がけください。

その際は、問い合わせフォームからお問い合わせください。
経営企画室よりご連絡させていただきます。

*企業の社会貢献活動の担当者様にご案内
http://www.florence.or.jp/corp/csr/
*フローレンスのひとり親支援について
http://www.florence.or.jp/corp/


--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。

病児保育(病児シッター)が必要だ、という方はフローレンス本体のページを御覧ください。

病児保育を仕事にしたい、という人は病児保育スタッフ採用情報へ。

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、小規模保育所である「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。なお、おうち保育園で少人数保育をしたい!という保育士・幼稚園教諭の方は「おしらせ」内の採用情報を御覧ください。

フローレンスの病児保育サービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付をして下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

被災地の中高生向け学習支援「希望のゼミ」に共感し、寄付をして下さる!という方は、フォームからお申し込みください。

外で遊べない福島の子どもたちに屋内公園を提供する「ふくしまインドアパーク」に寄付したい!という方は、パークサポーター説明ページからお申し込み下さい。

ワーク・ライフ・バランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.jp/

駒崎が提案する、預金者の権利を守りながら、休眠口座を被災地・貧困支援に活用する案については、ここをご覧下さい。

小規模保育所を立ちあげたい、という方は全国小規模保育協議会までご連絡頂けたらと思います。

病児保育について学びたい、という方は(財)日本病児保育協会の研修にご参加下さい。

いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。