2012年12月22日

潟宴塔Nアップ様が法人向け病児保育パックを導入下さいました!


フローレンスの法人パックは、会社が月会費を負担することで、
社員が格安で病児保育を利用できる、という制度。

今回法人パックを導入下さったのは、株式会社ランクアップ様。

社長と向井様2ショット.JPG


感動化粧品「マナラ」という化粧品を通して、多くの女性に支持されている会社です。
主力商品の「ホットクレンジングゲル」はかの有名な「モンドセレクション金賞」を4年連続受賞されています。

ランクアップ様を経営するのは、岩崎裕美子社長。
ご自身も育児の真っ最中、社長が語るビジョンにはとても説得力がありました。

「うちは社員のほとんどが女性。だからこそいつでも家庭の事情で休めるような体制をつくっている。

子どもが熱で苦しんでいるときにはどんどん休んでほしい。だけど感染症の病後児みたいに登園許可は下りないけど子どもはもう元気。だったら仕事したいのに...というニーズに応えたいし、仕事したいスタンスを大切にしたい!」

こういったニーズにもフローレンスの法人パックはお応えできるのだなと改めて気づかせて頂きました。
また、社員がイキイキと働き続けられる会社づくりに社長自ら取り組む姿勢が素晴らしく、
だからこそ多くの女性に支持される商品をつくり続けられるんだな、と感動しました。

さて、今回導入いただいたフローレンスの法人パックは、ランクアップ様のような数十人の
企業から大企業まで、社員数に関わらず1人からでも契約頂ける小回りバッチリ明快なシステム
になっています。

また、企業としては小さな負担で、社員の仕事と育児の両立に大きく貢献することができます。
社員のモチベーションを上げ、突然の欠勤率を低め、スムースなシフト管理が実現でき、
企業にとっては非常にメリットが大きいです。

そして今後もたくさんの企業にフローレンス法人パックを導入頂くことで、
フローレンスは仕事と育児の両立なんて当たり前!な企業社会の実現に貢献していきたいと思います。


--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。

病児保育(病児シッター)が必要だ、という方はフローレンス本体のページを御覧ください。

病児保育を仕事にしたい、という人は病児保育スタッフ採用情報へ。

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、小規模保育所である「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。なお、おうち保育園で少人数保育をしたい!という保育士・幼稚園教諭の方は「おしらせ」内の採用情報を御覧ください。

フローレンスの病児保育サービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付をして下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

被災地の中高生向け学習支援「希望のゼミ」に共感し、寄付をして下さる!という方は、フォームからお申し込みください。

外で遊べない福島の子どもたちに屋内公園を提供する「ふくしまインドアパーク」に寄付したい!という方は、パークサポーター説明ページからお申し込み下さい。

ワーク・ライフ・バランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.jp/

駒崎が提案する、預金者の権利を守りながら、休眠口座を被災地・貧困支援に活用する案については、ここをご覧下さい。

小規模保育所を立ちあげたい、という方は全国小規模保育協議会までご連絡頂けたらと思います。

病児保育について学びたい、という方は(財)日本病児保育協会の研修にご参加下さい。

いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 13:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。