2012年12月11日

放置して消費する政治はもうやめて、参加して育てる「育政」をしよう!


みんな、政治家を、一回でも褒めたことありますか?

us-president-obama-greets.jpg

職場の新人をいっちょまえに育てたり、子育ての時は、みんなやってること。悪いことしたら叱り、良いことしたら褒めること。

でも、みんな政治に限っては、そうはしません。選んで、放置して、四年後に「言ったこと全部やってないよね」って、お仕置きする。

例えば職場の新人を放っておいて、四年後営業成績だけ見て、できてないやつクビにしていけば、良い会社になりますかね。

例えば、子どもを四年間全く褒めないで、四年後に通知表の成績見てお前なんか学校辞めちまえって罵倒すれば、良い子に育ちますかね。

みんな自分の家とか職場では、そんなことしないで、ちゃんと人材育成に取り組んでいるのに、政治家にはそうしないのは、なぜですか?

それで「ろくなやつがいない」って、そんな育て方で素晴らしい政治家が生まれる方が奇蹟です。

だから、そろそろ参加して良い政治家育てましょう。「育政」するんです。

自分の選挙区の政治家(市議会議員でも、国会議員でも良いです)のTwitterをフォローしたり、フェイスブックで友達申請してみましょう。

頑張って政策の勉強してたらイイねして、頑張れってメンションしてあげましょう。
変なこと言ってたらいきなり中傷するのではなく
「それがベストな政策ですか?」
「もっとたくさんの人を助けるためには、何をすれば良いでしょうか?」
と良い質問をしてあげましょう。
良い質問は、人に考える契機を与えます。

お気に入りの政治家が見つかったら、マンスリーサポーターになって、集会で話しましょう。
ここでも分からないこと、ツメが甘いところを質問してあげましょう。
お気に入りの政治家さんは、支援者の質問に答えなきゃ、と一生懸命勉強するでしょう。

彼/彼女の選挙の時期が近づいたら、ボランティアでチラシを貼ってあげたりすれば良いでしょう。
その参加の過程で、選挙を身をもって体験できる学習の機会が、育成している側のあなたにも訪れるでしょう。
すると選挙がより身近に、政治により肌触りを感じることでしょう。

株式投資を楽しむ人は、投資のつもりで気に入った政治家に寄付をしてみると良いでしょう。
すくすくと育ち、立派に社会貢献している姿を見るのは、自分が買った株が高くなっていくのに近い感覚を
得られるでしょう。リターンは現金ではなく、自分の住むこの社会が良くなる、ということそのものです。

ITやデザインが得意な若者は、アフター6で議員のWEBやFacebookを担当してあげると良いでしょう。
せっかく良い人でも、ITが苦手で駅前に立つしかできなくて、良さが伝わらなかったり、ということはザラです。
そして何よりやっている若者自身にとって、大きな社会貢献と学びの機会になります。

やれることは、色々あります。文句たれてブーたれて、政治が良くならないと日本が良くならないと冷笑主義に陥っている暇があったら、僕と一緒に草の根から良い政治家育てませんか?

放置して消費する政治から、参加して育てる「育政」を合言葉に。


--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。

病児保育(病児シッター)が必要だ、という方はフローレンス本体のページを御覧ください。

病児保育を仕事にしたい、という人は病児保育スタッフ採用情報へ。

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、小規模保育所である「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。なお、おうち保育園で少人数保育をしたい!という保育士・幼稚園教諭の方は「おしらせ」内の採用情報を御覧ください。

フローレンスの病児保育サービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付をして下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

被災地の中高生向け学習支援「希望のゼミ」に共感し、寄付をして下さる!という方は、フォームからお申し込みください。

外で遊べない福島の子どもたちに屋内公園を提供する「ふくしまインドアパーク」に寄付したい!という方は、パークサポーター説明ページからお申し込み下さい。

ワーク・ライフ・バランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.jp/

駒崎が提案する、預金者の権利を守りながら、休眠口座を被災地・貧困支援に活用する案については、ここをご覧下さい。

小規模保育所を立ちあげたい、という方は全国小規模保育協議会までご連絡頂けたらと思います。

病児保育について学びたい、という方は(財)日本病児保育協会の研修にご参加下さい。

いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 16:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。