2012年12月07日

フローレンスは『認定NPO法人』を取得しました!ご寄付が「税額控除」の対象に!


この度、NPO法人フローレンスは、2012年12月7日付で、東京都より組織運営及び事業活動が適正であるとして『認定NPO法人』として認められました。
これも一重に、これまでご支援くださった皆さま方のお陰です。心より御礼申し上げます。ありがとうございます。

nintei_01.jpg

「認定NPO法人」とは、NPO法人のうち、その運営組織及び事業活動が適正であること、また、公益の増進に資すること等、一定の要件を満たすものとして、各自治体から認定を受けたものをいいます。

この「認定NPO法人」に対する寄付は「寄付金控除(税額控除)*1」の対象となり、税制上の優遇措置が講じられます。

新寄付税制及び改正NPO法により、2011年度から減税という形でキャッシュバックされる「税額控除」方式が導入されました。税額控除の割合は、寄付金から2,000円を引いた額の最大50%(所得税40%+住民税10%)*2にもなります。

例えば、1万円の寄付なら所得税が3,200円の減税、住民税と合わせると最大4,000円の減税に。5万円の寄付なら所得税が19,200円の減税、住民税と合わせると最大24,000円の減税となり、寄付者の方には、今までのご負担がおよそ半分になります。逆に言うと、今までの2倍寄付しても、これまでと同じ負担なのです!

これは寄付者の方だけでなく、私たちNPOにも社会支援を行うための寄付を集めやすくなるというメリットがあり、NPOセクターの発展が期待されます。しかし、寄付金控除の意義は実はそれだけではありません。

寄付金額の半額が控除されるということは、本来税金として国に納められ、政治・行政によってのみ決定されていた税金の使途を、自ら決めることができるということ。

つまり、この税額控除という制度によって、市民自らが社会問題の解決を、国・行政に託すか、自ら選んだ機関(NPO)に託すかを主体的に決めることができ、社会を変える方法を自ら選べるということなのです。
これはある種、市民に新たな政治へのコミットメントが開かれたという歴史的な意義があります!!

私たちは「認定NPO法人」となった今日、改めて社会問題解決のための組織として、その存在意義に立ち返り、応援してくださる方々と共に社会を変えていくべく、責任感と使命感を持って取り組んで参ります。
これからもご支援いただきますよう、どうぞ宜しくお願いいたします。

nintei_02.jpg
喜ぶ社員一同

* 寄付金の約半分が返ってくる!低所得のひとり親世帯の子育てを支援するサポート隊員はこちら
* 2012年12月7日以降〜12月末日までのご寄付入金分が、2013年2〜3月の確定申告時の寄付金控除の対象となります。サポート隊員の方、支援企業の方は領収書を発行いたしますので、下記メールアドレス宛てにお問い合わせください。
spr@florence.or.jp

*1 寄付金控除は年末調整等では控除できません。所轄税務署で確定申告を行ってください。
*2 住民税も寄付金控除の対象になり、控除割合は最大10%です。ただし、各自治体によって異なります。

--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。

病児保育(病児シッター)が必要だ、という方はフローレンス本体のページを御覧ください。

病児保育を仕事にしたい、という人は病児保育スタッフ採用情報へ。

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、小規模保育所である「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。なお、おうち保育園で少人数保育をしたい!という保育士・幼稚園教諭の方は「おしらせ」内の採用情報を御覧ください。

フローレンスの病児保育サービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付をして下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

被災地の中高生向け学習支援「希望のゼミ」に共感し、寄付をして下さる!という方は、フォームからお申し込みください。

外で遊べない福島の子どもたちに屋内公園を提供する「ふくしまインドアパーク」に寄付したい!という方は、パークサポーター説明ページからお申し込み下さい。

ワーク・ライフ・バランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.jp/

駒崎が提案する、預金者の権利を守りながら、休眠口座を被災地・貧困支援に活用する案については、ここをご覧下さい。

小規模保育所を立ちあげたい、という方は全国小規模保育協議会までご連絡頂けたらと思います。

病児保育について学びたい、という方は(財)日本病児保育協会の研修にご参加下さい。

いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 20:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 宣伝・イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
NPO認定おめでとうございます。
ご担当者さま
始めまして。

特定非営利活動法人 AR防災避難情報
事務局の古川と申します。
私共も少し前に認定頂きました。現在横浜から全国へARを利用した防災避難情報を発信しています。
主な機能にGPSを使った位置情報があり、スマホを空間にかざすだけで360°の方向から、対象となる方向と距離を取得します。この機能が、貴社活動のお役に立てるのであれば、無償でご協力させていただく用意がございます。まずはご案内のメールを差し上げます。
お時間の許す範囲で、当サイトをご参照いただければ幸いでございます。
Posted by 特定非営利活動法人 AR防災避難情報 at 2012年12月08日 16:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。