2012年11月25日

病児保育「ひとり親パック」の入会基準を改定致しました


本年9月1日より病児保育の「ひとり親パック」のご入会条件を 
(1)これまでの世帯年収「300万円以下」という条件を、「350万円以下」に変更し、
(2)これまで「法律上のひとり親家庭」に限っていたところを、「事実上、ひとり親家庭」である方も入会可能

...という改定を行いました。
以下にその経緯と改定の内容についてお知らせします。

sec04_img01.jpg

これまで、ひとり親の方からの支援枠(「ひとり親パック」)への申込を受け付ける中で、
年収額が若干上回る場合や、離婚の不成立等によりひとり親パックの適用を受けられないケースがいくつかありました。

そういった当事者の方からの声や、本年6月からスタートした合同会社西友様の助成による「ひとり親世帯向け支援プロジェクト」の調査によって、基準を見直すきっかけとなりました。

例えば、戸籍上は婚姻中ですが、生活や収入はすべてひとりで賄っている「事実上のひとり親」という状態について。その理由は、離婚の係争期間中というものから、DV被害からの避難などさまざまな事情があります。

また、最初から未婚で、出産・子育てしているひとり親に対しては、通常、考慮される処遇が適用されない自治体があるなど、ひとり親を取り巻く境遇には、それぞれに一言では括れない種々様々な障壁があることを改めて実感しました。

そういった状況を踏まえ、既定条件には合致しないけれども、本当に困っているひとり親の方たちへ適切にサポートを届けるために、今回の条件改変を行いました。

(1)の年収上限の緩和について。
こちらは、年収が350万円前後であっても、子どもが二人以上いる場合等、「年収300万円以下」の家庭よりも厳しい生活水準となる場合もあります。

さらに、ひとり親パック入会時は年収300万円以下であっても、親御さんの就労継続や努力により、賃金が昇給して300万円以上となればひとり親パックの対象ではなくなってしまい、逆に困ってしまいます。賃金は上がったけれども、支援が受けられなくなり、病児保育に困って失職のリスクは高まります。

支援を切り離すタイミングというのは非常に重要で、せっかく生活状況が改善されはじめているところで、支援を打ち切ってしまうと、状況が後退してしまう可能性が高まります。そのように、まだ支援が必要にも関わらず、言わば「制度のはざま」に置き去りにしてしまうことがないよう、フローレンスでは、生活改善のさなかにあるひとり親世帯もサポートするためにも、年収上限を350万円に緩和しました。

(2)の「事実上、ひとり親家庭」については、前述のとおり、離婚調停中で実質的にはひとり親状態で子育てをしている場合にも入会できるよう、フレキシブルな対応が必要であると判断しました。

今回の改定が、少しでも多くのひとり親家庭の一助となることを願いつつ、これからも現場の実状に応じ、NPOならではスピードで対策を具現化していきたいと考えています。

そして、フローレンスでは、ひとり親世帯の子育てを支えるインフラを更に強化していきます。
引き続き、合同会社西友様との協働プロジェクトとして新たな展開も予定しておりますので、詳細決まりましたらご案内させていただきます。

今後とも変わらぬご指導、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

●みなさまの継続的な支援が、ひとり親家庭の子育てを支えています。
 1日35円からできるひとり親家庭支援。それがフローレンスのひとり親サポート隊です。
 > 寄付を通じて社会を変える > ひとり親家庭支援

--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。

病児保育(病児シッター)が必要だ、という方はフローレンス本体のページを御覧ください。

病児保育を仕事にしたい、という人は病児保育スタッフ採用情報へ。

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、小規模保育所である「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。なお、おうち保育園で少人数保育をしたい!という保育士・幼稚園教諭の方は「おしらせ」内の採用情報を御覧ください。

フローレンスの病児保育サービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付をして下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

被災地の中高生向け学習支援「希望のゼミ」に共感し、寄付をして下さる!という方は、フォームからお申し込みください。

外で遊べない福島の子どもたちに屋内公園を提供する「ふくしまインドアパーク」に寄付したい!という方は、パークサポーター説明ページからお申し込み下さい。

ワーク・ライフ・バランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.jp/

駒崎が提案する、預金者の権利を守りながら、休眠口座を被災地・貧困支援に活用する案については、ここをご覧下さい。

小規模保育所を立ちあげたい、という方は全国小規模保育協議会までご連絡頂けたらと思います。

病児保育について学びたい、という方は(財)日本病児保育協会の研修にご参加下さい。

いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。