2012年11月19日

日本の閉塞感って、なに?


先日ある記者の方に、「閉塞感漂う日本について、どう思いますか?」みたいな質問を受けて、不思議な気分になった。



多分よくある修辞的接頭語なんだろうけど、よく考えるとこの言葉って変。だって、閉塞感って日本人一人一人が感じんもので、日本が感じるものじゃない。仮に日本人の多くの人が閉塞感を感じていても、それって人口のうちの何割か、きちんと調査したデータとかあるのかな。

少なくとも僕は全く閉塞感とか感じない。そりや確かにNPOやってたら、数多くの課題を日本が抱えていることは、嫌でも分かる。でもそれは、課題だ。答えは出せる。答えを出せたら、後は手を動かせば良いだけだ。

僕は手を動かしているし、手を動かしていると閉塞感は感じない。やればやっただけ状況は打開できるから。

僕の周りでも、「閉塞感抱えて生きてるんだよ、俺」ってやつには会わない。テレビから「閉塞感感じますか?」とマイクを向けられれば、「ええ、まぁ」くらいは言うかも知れないが、そうだとしたら、閉塞感と同じくらい腰肩首の倦怠感も、昼前だったら空腹感も、給料日前なら幸福感も感じているだろう。

単にマスメディアの人が、何となくそういうと世相が説明できて便利だから、使ってるだけなのではないか、に3000点。しかし、ここに重大な落とし穴があると思う。

だって閉塞感とか言うと情緒の問題になって、解決不可能になるから。情緒と課題は切り分けようよ。辛いとか悲しいとかは誰でもあるから、それはそれとして、課題は課題で冷静に議論して解決策つくって、手を動かせば良い。

情緒と課題をいっしょくたにすると、「この閉塞感を誰かぶち破って!!」みたいな無責任な救世主願望を生み出すことになる。

救世主願望が今までどんなバケモノを産んできたかは、ヒトラーや毛沢東の例をひかずとも、大戦を経験した我々には分かるはずだ。

というわけで、閉塞感感じたい人は、勝手に感じてて下さい。でも、それをみんなに押し付けたり、自分が不安だから人にも感染させようとしないでね。

僕は救世主に救ってもらいたいなんて思わないから。今毎日必死でやってる目の前のバク修正が、必ず今よりマシな社会システムに繋がってると、確信してっから。そこんとこ、よろしく。


--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。

病児保育(病児シッター)が必要だ、という方はフローレンス本体のページを御覧ください。

病児保育を仕事にしたい、という人は病児保育スタッフ採用情報へ。

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、小規模保育所である「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。なお、おうち保育園で少人数保育をしたい!という保育士・幼稚園教諭の方は「おしらせ」内の採用情報を御覧ください。

フローレンスの病児保育サービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付をして下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

被災地の中高生向け学習支援「希望のゼミ」に共感し、寄付をして下さる!という方は、フォームからお申し込みください。

外で遊べない福島の子どもたちに屋内公園を提供する「ふくしまインドアパーク」に寄付したい!という方は、パークサポーター説明ページからお申し込み下さい。

ワーク・ライフ・バランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.jp/

駒崎が提案する、預金者の権利を守りながら、休眠口座を被災地・貧困支援に活用する案については、ここをご覧下さい。

小規模保育所を立ちあげたい、という方は全国小規模保育協議会までご連絡頂けたらと思います。

病児保育について学びたい、という方は(財)日本病児保育協会の研修にご参加下さい。

いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。