2012年09月09日

わが町をハックする


前回のエントリーで地元の市長にメールしてみたところ、こんな感じで返ってきました。


−−−
駒崎弘樹 様

日頃より、市政へのご理解とご協力をいただき感謝申し上げます。
また、この度は貴重なご意見を賜り、ありがとうございます。
路上喫煙禁止地区内における注意喚起につきましては、禁止地区内
に啓発のためのフラッグや路面シールの設置を行なっています。
また毎日朝と夕方の一定時間、禁止地区内での巡回パトロールも実
施しております。
日常的に喫煙者を見かけるというこの度のご指摘につきましては、
速やかにパトロールの指導員に伝え、指導を徹底させるよう努めて
まいります。
今後ともご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。

平成24年9月7日
川口市長 岡村幸四郎

なお、この件の詳細に関しましては、廃棄物対策課までお問い合わ
せくださいますようお願いいたします。
(電話番号 048−228−5370)
−−−


ということで、パトロールの指導員に伝え、指導を徹底してくれるそうです。
とはいえ問題は、その指導員とやらをほとんど見かけたことがない、ということなのですが・・・。
まだ砲撃の数が足りてないようです。

このように、せっかく定めた条例が、運営に失敗していて機能していない、という事態はよく見られます。プログラミングしてサービスローンチしたけど、至るところ不具合ばかり、みたいな状況ですね。

で、プログラムだったら不具合出ても、その度に修正したりパッチをあてたりして、機能させれば良いのですが、政策の場合は、「不具合出ている」というフィードバックがそもそも上がってこない、ということでデバッグの機会を失っている、ということが多々あります。

自治体の政策の場合、バグの検収役は市議会議員で、彼らがどこどこに不具合があるよ、というのを市民から吸い上げて、行政に不具合修正を依頼するわけですが、市議会議員が町の名士のためのお飾り勲章でしかない場合が多く、そういう場合は検収が機能しません。

また、たとえ議員にやる気があったとしても、市民が市議会議員に相談したり、「これバグですよ」と伝えたり、という回路がない場合は非常に多いです。(本当はメール出すだけで良いのだけど。)

だから、エンドユーザーである市民が、実際にコーディングしている行政に「バグだよ」と伝えていくのが、まあ一番の近道ということにはなります。もちろん一回言っただけだと、不具合直してくれないベンダーと同様に、一回だと今回みたいに「貴重なご意見ありがとうございました」で終了する場合が多いのだけど、それが5人、10人になるとさすがに放っておけないね、となっていくわけなので、やはり声を上げるのは重要です。

というわけで、もし川口市で路上喫煙が気になる方がいらっしゃったら、僕のメールをテンプレートで使って頂いて構わないので、市長にメールしてみてください。

一方で、僕個人の路上喫煙者への声掛け大作戦では、この1週間で4人の路上喫煙者に遭遇しました。そのうち2人に声をかけたところ、2人ともその場で路上喫煙をやめてくれました。特に激昂もされませんでした。

プログラムの不具合に気づいたら、勝手にパッチを書いてオープンに配布しちゃうハッカーのように、街で不具合見つけたら自分で直してみる、というのが意外に早いかも、と思った次第。

「半径5メートルを、ハックしろ」という啓示なのかも、です。


--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。

病児保育(病児シッター)が必要だ、という方はフローレンス本体のページを御覧ください。

病児保育を仕事にしたい、という人は病児保育スタッフ採用情報へ。

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、小規模保育所である「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。なお、おうち保育園で少人数保育をしたい!という保育士・幼稚園教諭の方は「おしらせ」内の採用情報を御覧ください。

フローレンスの病児保育サービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付をして下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

被災地の中高生向け学習支援「希望のゼミ」に共感し、寄付をして下さる!という方は、フォームからお申し込みください。

外で遊べない福島の子どもたちに屋内公園を提供する「ふくしまインドアパーク」に寄付したい!という方は、パークサポーター説明ページからお申し込み下さい。

ワーク・ライフ・バランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.jp/

駒崎が提案する、預金者の権利を守りながら、休眠口座を被災地・貧困支援に活用する案については、ここをご覧下さい。

いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 14:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。