2012年09月01日

【病児保育利用会員の皆様へ】更に病児保育の安心度を高める、新たなこどもレスキュー隊員研修にご協力ください


いつもフローレンスの活動にご理解をいただき、ありがとうございます。今回は病児保育の質を更に向上させる新研修へのご協力のお願いです。


 これまでフローレンスでは、こどもレスキュー隊員育成のため、入社後の研修において新人こどもレスキュー隊員を経験豊富な隊員(指導者)に同行させ、実地研修を行ってまいりました。これによりフローレンスの安心安全な保育基準を満たしている隊員が現場にデビューしております。

 このたび病児保育の質の更なる向上を目指し、デビュー研修だけでなく、日頃の保育現場にも、定期的にベテラン指導者が同行し、こどもレスキュー隊員の熟達度や子どもとのコミュニケーション能力の練度をチェック及びフィードバックを行うことで、更に安心安全を高める育成研修を導入することにいたしました。

 利用会員の皆さまにおかれましては、趣旨をご理解いただき、指導者の保育への同行にご協力いただけますようお願い申し上げます。

【研修内容】----------------------------------------------------
・保育を担当するこどもレスキュー隊員に加えて、指導者がご自宅にお伺いする場合があります。
 (保育料・交通費等料金は、こどもレスキュー隊員分のみ)
・研修実施にあたっては、前日に事務局よりお願いと確認のため、お電話にてご連絡致します。
・指導者は朝の引き継ぎから4時間程度を目安に保育に立ち会いをいたします。
・保育当日のやむを得ない事情により、研修を中止させていただく場合がございます。この場合には、こどもレスキュー隊員のみでお伺いし、通常病児保育とさせていただきます。
・研修は9月第2週より開始する予定です。
--------------------------------------------------------------------

 フローレンスでは、より一層の「安心と感動の病児保育」実現のため、こどもレスキュー隊員の育成に全力を注いでまいります。こどもレスキュー隊員の質が、すなわち病児保育の質であると我々は考えている為です。

 研修の実施には、利用会員の皆さまのご理解とご協力が必要不可欠です。指導者の保育への同行にご協力くださるようお願いいたします。


--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。

病児保育(病児シッター)が必要だ、という方はフローレンス本体のページを御覧ください。

病児保育を仕事にしたい、という人は病児保育スタッフ採用情報へ。

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、小規模保育所である「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。なお、おうち保育園で少人数保育をしたい!という保育士・幼稚園教諭の方は「おしらせ」内の採用情報を御覧ください。

フローレンスの病児保育サービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付をして下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

被災地の中高生向け学習支援「希望のゼミ」に共感し、寄付をして下さる!という方は、フォームからお申し込みください。

外で遊べない福島の子どもたちに屋内公園を提供する「ふくしまインドアパーク」に寄付したい!という方は、パークサポーター説明ページからお申し込み下さい。

ワーク・ライフ・バランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.jp/

駒崎が提案する、預金者の権利を守りながら、休眠口座を被災地・貧困支援に活用する案については、ここをご覧下さい。

いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。