2012年07月16日

インドアパーク建設のために、桜井南相馬市長と会見致しました!


さる7月11日、TIME誌「世界で最も影響力のある100人」に選出された桜井南相馬市長と会見し、インドアパーク南相馬の建設における協力を依頼致しました。

P1000289.jpg


市長は「南相馬には『よそもの』が必要です。中の人達だけだと、どうしても利害対立等で物事が動かなくなってしまう。ぜひ一緒に頑張りましょう」と仰って下さいました。

写真 12-07-11 16 31 15.jpg

さて、その後は二度目の現地の親御さんへのグループヒアリングでした。
「外では砂は触れないので、砂場がほしいです」
「土日は名取まで遠出して、イオンの中の屋内公園で遊ばせていますが、
親子ともどもグッタリします」
など、様々な意見を頂きました。

アンケートも400件以上集めて回って下さり、親御さん自ら
パークの創設に参画して下さっています。

頑張らないと!と強く強く思いました。

s写真 12-07-11 9 58 00.jpg

また南相馬は原発近くのイメージがありますが、風向きの関係で放射線量自体は郡山等の半分程度で、そうしたことを表すモニターも市民の方々の目につきやすい、市役所入口近くに設置されていました。

s写真 12-07-11 10 02 15.jpg

南相馬市役所では、今でも行方不明のペットたちの情報がたくさん貼られていました。家族の一員であった犬や猫たちを探す市民たちがいます。

s写真 12-07-11 9 59 08.jpg

市役所には七夕の短冊も飾られていました。祈りの言葉が、胸を打ちます。

福島の代表的な新聞、福島民報には、今も津波で亡くなった方々について、彼らの人生を丁寧に、一人一人紹介しています。東京にいると再稼働や反対論、発送電分離等の抽象的な話題に潮流が移っていってしまったように見えますが、福島民報の中には、人々の体温と「さっきまでそこにいた」という生々しい不在感を伝える記事が書いてあります。

s写真 12-07-11 10 08 04.jpg

現地では、ちっとも何も終わっておらず、今でも何かと闘い、あるいはもがいたり、支えあったりしている、というそのリアルが、東京との温度感とともに様々な感情を僕にもたらしました。

フローレンスができることは、本当にわずかなことですが、インドアパークが地域の人々と共に創りあげる、前向きな何かの象徴になれば良い、と思っています。

そのためにはいくつも越えなくてはいけない困難が待ち受けていますが、全力で頑張って、開園を目指していきたいと思います。


--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

被災地の中高生向け学習支援「希望のゼミ」に共感し、寄付をして下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://kibounozemi.jp/support.html

外で遊べない福島の子どもたちに屋内公園を提供する「ふくしまインドアパーク」に協力したい!という方は、下記のフォームからお申し込み下さい。
http://www.facebook.com/fukushima.indoorpark?sk=app_172678112819575

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.jp/

駒崎が提案する、預金者の権利を守りながら、休眠口座を被災地・貧困支援に活用する案については、ここをご覧下さい。

いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事で書いた文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/281293406
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。