2012年05月15日

東大文化祭で鈴木寛議員らと共に登壇します


東大とは縁もゆかりもないですが、家庭教育について熱く対談する予定です。

be0202883a8bbb1630202aecd784f870.jpg

ちなみに鈴木元文科副大臣は、大学の頃の情報論の先生で、授業をサボりまくっていた(けどレポートだけはそれっぽく出していた)僕にもAをくれた、本当に素敵な先生でした(笑

いつの間にか偉くなられていて恐縮ですが、胸を借りるつもりでぶつかっていけたら、と思います。

それにしても、フィーバーし放題の文化祭で、家庭を持っていない学生たちが家庭教育についてのパネルディスカッションにわざわざ来るのだろうか?という一抹の不安があるので、宜しければ皆さんクチコミ等、よろしくお願いします。
----
教育フォーラム2012「教育×家庭〜みんなで支える家庭教育〜」
●日時:2012年5月20日(日)13:30〜15:30
●開催場所:東京大学本郷キャンパス法文一号館25番教室
詳細はこちら

--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

被災地の中高生向け学習支援「希望のゼミ」に共感し、寄付をして下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://kibounozemi.jp/support.html

外で遊べない福島の子どもたちに屋内公園を提供する「ふくしまインドアパーク」に協力したい!という方は、下記のフォームからお申し込み下さい。
http://www.facebook.com/fukushima.indoorpark?sk=app_172678112819575

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.jp/

駒崎が提案する、預金者の権利を守りながら、休眠口座を被災地・貧困支援に活用する案については、ここをご覧下さい。

いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 08:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 宣伝・イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。小3息子の母です。

東大文化祭で駒崎さまのお話をお聞きできてよかったです。
昨日の駒崎さまのなぜこの仕事をしたのか?すごくよくわかりました。
早速フローレンスのHPも見ました。
子どもが小さかったらすぐお願いしたかったくらい魅力的でした。

私はふるさとの福島県で仕事をしていた時に、両親が病気で頼ることができずに、病児保育には本当にお世話になりました。
特に回復期、うちに来てもらえたらと思ったものでした。

そしてふくしまインドアパークは知っていましたが、駒崎さんだと思いませんでしたが、友達の子どもは遊びに行っていますよ。

とてもいいお話しをお聞きできてうれしかったです。
私も管理栄養士の経験を生かして食育などで単発でお母さん向けにお話をしたり、親子料理教室の講師をしています。
何かお役にたつなのならうれしいです。
Posted by Rie kokubun at 2012年05月21日 18:15
>Kokubunさま
聞きに来て下さって、ありがとうございました!学生向けのお話だったので、あまり具体的な子育ての話は分かりづらいかと思って避けたのですが、良かったと仰ってもらえると行ったかいがありました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!
Posted by 駒崎弘樹 at 2012年05月21日 20:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。