2012年04月29日

【献本御礼】西水美恵子「あなたの中のリーダーへ」:心に火をつけろ


世界から最も尊敬さるべき日本人。
それは、本書の著者、世界銀行元副総裁の西水美恵子氏であろう。



世銀副総裁という超のつくエリートでありながら、いやなればこそ、再貧困地帯に自らホームステイして住民たちの生活を「体感」し、それを部下たちにも徹底して行わせる。

その徹底した現場主義から行われた世銀改革は、世界で最も有名な経営学者の一人であるP・センゲも著作でモデルケースとして取り上げたほど。

前作「国を創るという仕事」(凄まじい名著)が一冊をしてひとつの作品だったのに対し、本書はコラムの集合を本にしたこともあり、彼女を初めて知る人にも非常に読みやすいだろう。

かといって本書の内容が「やさしい」わけでは、実のところ全くない。むしろ我々に鋭い刃を突きつけるような内容だ。
「変えたい変えたいというけれど、あなたは本当に『本気』か?」
と真っ直ぐに射抜くような視線を送られるような、そんな本である。

色々な理論や戦略はあれど、ようはあなたは本気で変える気があるのか。それはあなたの体験と分かちがたく結びついているのか。心の奥底からくる本気は、「感染」を引き起こす。心に火をつける。それは組織も国も一緒なんだ。だから役職に関わらず、本気の「リーダー」が、幾人も幾人も出なければいけないのだ。ねえ、あなた達は本気なの?

そんな風に言われているような気がしてくる。

実際の西水さんとは幸運にもお食事を共にしたことがあるけれど、偉大な人物とはこういう人のことだ、と感じざるを得なかった。情熱的であるのに冷静。主張があるにも関わらず、じっくりと聴く。厳しいのに、優しい。言葉では表現できない。ただその凄さを、「感じる」ことでしか分からない。すごい人というのは、もしかしたらそういうものなのかもしれない。

今度西水さんにお会いした時には、僕の心の炎を見てもらいたい。本気の体験を100万回し、彼女が本書で挙げるリーダー達に少しでも近づいていたい。

そのためにも、社会的課題の現場に我が身をまるごと身を投じ、「本気」で在り続けていきたい。そう思う。


--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

被災地の中高生向け学習支援「希望のゼミ」に共感し、寄付をして下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://kibounozemi.jp/support.html

外で遊べない福島の子どもたちに屋内公園を提供する「ふくしまインドアパーク」に協力したい!という方は、下記のフォームからお申し込み下さい。
http://www.facebook.com/fukushima.indoorpark?sk=app_172678112819575

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.jp/

駒崎が提案する、預金者の権利を守りながら、休眠口座を被災地・貧困支援に活用する案については、ここをご覧下さい。

いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------


posted by 駒崎弘樹 at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。