2012年04月21日

【献本御礼】書評「妊活バイブル〜晩婚・少子化時代に生きる女のライフプランニング〜」は、未婚の男性こそ読もう


妊活といっても、生むためにとにかく夫婦生活に勤しむ、ということでは全くない。念のため(笑





晩婚化が進んだ社会において「何となく過ごしていれば子どもに恵まれる」ということが難しくなりつつある今、「意志を持って」子どもを産むということに向きあうことを提唱しているのが本書。

女性向けに書かれた本書だが、むしろ男性こそ、読むべき本だと感じた。

我々は学校教育においても、プライベートにおいても、「如何に産まない(妊娠しない)ようにするか」は学んでいても、「如何に産みたい時に産むか」は学んできていない。
そんなの簡単じゃないか、健全な夫婦生活さえあれば、と考える男性も多かろうが、さにあらず。

女性の卵子は年を取るごとに、健康な妊娠まで至る確率は少なくなる。昨今は晩婚化が進んだことによって初婚年齢も上がっている。(現在25〜29歳の女性の約6割が独身。)

健康に産みやすい時期の一つの区切りは35歳。女性は男性が考えないタイムリミットを意識して、貴方と接しているのだ。だとしたら、彼女の貴重な時間を、曖昧な態度と共に浪費するのは酷というものだろう。男性も真剣に、子どもを持つ、ということを、若いうちから脳内スパーリングしておいた方が良い。

お勧めは、幸福な家族を築いている友人達の話を聞かせてもらうことだ。男性は家族について語ること、家族との幸福な日々について語ることを、照れて躊躇する人は多い。当然だろう、我々は公と私を比較的厳密に分ける文化圏に属しているから。

ただ、そこは照れる友人や先輩に一歩踏み込んで聞いてみよう。そうすると、徐々に成功イメージが持てるようになっていく。(結果として子どもを持たないのが幸福、という結論に辿り着いても、それは人それぞれ。その結果をシェアできるパートナーを選べば良い。)

就活ではあんなに必死になって自己分析するのに、人生最大のイベントである結婚や出産について、我々男性はあまりにも無防備だ。

本書はそのことについて、我々に考える良ききっかけを与えてくれることになるだろう。

蛇足だが、本書では「結婚したいけど良い男がいない」と思っている若い女性にも、チクリと現実を示している。「希望する良い男(結婚相手)の年収は?」という質問に「600万円以上」と答える女性は多いそうだが、現実には年収600万円以上の独身男性は5.7%しかいないのだ。そりゃ結婚もしづらくなる、と。女性も働き、二人で子育てを分担し、二人で支えあって生きていく時代に、結婚も子育ても、そして妊娠のあり方さえ、変わろうとしている。


--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

被災地の中高生向け学習支援「希望のゼミ」に共感し、寄付をして下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://kibounozemi.jp/support.html

外で遊べない福島の子どもたちに屋内公園を提供する「ふくしまインドアパーク」に協力したい!という方は、下記のフォームからお申し込み下さい。
http://www.facebook.com/fukushima.indoorpark?sk=app_172678112819575

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.jp/

駒崎が提案する、預金者の権利を守りながら、休眠口座を被災地・貧困支援に活用する案については、ここをご覧下さい。

いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------


posted by 駒崎弘樹 at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。