2012年04月09日

渋谷区に続き、足立区民も半額でフローレンスを使えるようになりました


足立区民の方に朗報です。
足立区が平成24年4月1日より、訪問型病児保育サービスを利用する家庭への助成を始めました。
*足立区の詳しい情報はこちら (渋谷区の助成情報はこちら


これで月2回目以降のフローレンス利用料は実質半額(税別)になります。

また、フローレンスは月会費を積み立てており、月1回目分に関してはは積み立て分から出すため17時半までの保育でしたらフローレンスへの支払いはいつも無料です。(一部法人パック除く)
それに加えて、この助成は嬉しいことに、月1回目でも助成されます。(結果、月会費が減額されます。)

というわけで、足立区の方々はフローレンス利用の際は、その月の月会費も利用料分減額され、かつ月2回目の利用料も半額(税別)になる、という結果になります。

これはいわゆる「バウチャー」と呼ばれる制度で、行政が行う最も賢い助成のあり方です。
なぜなら、一度病児保育施設を作ってしまうと、施設が稼働していようがいまいが、税金がかかり続けます。
しかしこのバウチャーは「サービスが発生した時のみ」助成(=税金)がかかる仕組みなので、皆さんの血税を無駄にすることもないのです。

また、この助成のあり方は、我々フローレンスに現金が渡されるわけではなく、あくまで利用者の方に渡されます。
つまり、フローレンスだけがエコひいきされるのではなく、フローレンスを使った場合も、他企業を使った場合もどちらも助成されることから、競争が促進されます。

我々事業者としてはちょっと大変ですが、利用者の方々にとってはその方が結果としてサービスの質も上がることになり、良い影響が出るでしょう。

翻って、通常の病児保育施設の場合は、一度行政から委託を受ければ、成果に関係なく、ほぼ未来永劫一つの事業者に補助金が投入され続けるので、質の向上のインセンティブはほとんどないのです。

こうした社会保障の生産性を向上させる、優れた助成の仕組みを創りあげて下さった足立区こども家庭支援センターと、区議会議員の皆様に心より感謝を申し上げます。

また、他区の皆様はお住まいの区のホームページ上にある「区長へのメール」を活用して、要望をお出し頂けると、他区の当該部署も導入を検討していくことになろうかと思います。
(自治体の担当者の方はいつも多忙で、なかなか他の区の政策を知る機会がありませんので、教えてあげると良いでしょう。区長へのメール窓口のリストはこちら。)

以上、利用会員の方々向け告知でした。
今後とも自治体が賢い税の使い方を進めて下さらんことを。

*追記
世帯年収300万円以下のひとり親世帯向けの「ひとり親パック」は1時間1050円(税込)ですので、1050円−1000円(助成)で、ほぼ無料で使うことができるようになります。

--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

被災地の中高生向け学習支援「希望のゼミ」に共感し、寄付をして下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://kibounozemi.jp/support.html

外で遊べない福島の子どもたちに屋内公園を提供する「ふくしまインドアパーク」に協力したい!という方は、下記のフォームからお申し込み下さい。
http://www.facebook.com/fukushima.indoorpark?sk=app_172678112819575

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.jp/

駒崎が提案する、預金者の権利を守りながら、休眠口座を被災地・貧困支援に活用する案については、ここをご覧下さい。

いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。