2012年03月14日

休眠口座が日本を救う!?豪華ゲストが激論するイベント開催!


国民運動を開始します。日本におけるマイクロファイナンスの実現や、新しい社会的金融に興味のある方は、ぜひご参加下さい。


 今日本では、10年以上取引のない「休眠口座」は銀行の利益として計上されています。そのお金を、社会のために有意義に活用できるように社会基金化する案を考え、法律化することを目的に、民間有志で「休眠口座国民会議」を設立します。
 「休眠口座国民会議」は、預金者が返金要求をした場合の権利を確実に保護しつつ、この基金の運営のあり方はどうあるべきか?他にもっと良い社会的な使い方ができないか?例えば、ボランティア活動等、現在の省庁や役所のような公的機関では支えきれない困難にぶつかっている人々を細やかに支援する為に使えないだろうか?等、多くの案を考え議論する場をこれからつくっていきたいと思います。
 広く偏りのない議論をし、この基金の活用によって、困っている人々がきちんと恩恵を受けられるような社会に一歩でも近くなればと考えています。
 そこで、2012年3月24日(土)13:00〜 「休眠口座国民会議 創設記念シンポジウム」を、日本財団ビルにて開催いたします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ イベント概要
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日時/会場】
 日 時:2012年3月24日(土)13:00〜16:20(開場12:30)
 会 場:日本財団ビル2階 大会議室
  http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
  (地下鉄虎ノ門駅・溜池山王駅より徒歩5分
      地下鉄国会議事堂前駅より徒歩6分)

 定 員:100名
 参加費:無料
 主 催:休眠口座国民会議
 事務局:日本財団企画推進チーム

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ 当日プログラム
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 12:30 開場

 13:00 開演挨拶
     日本財団会長 笹川陽平

 13:10 パネルディスカッション
     パネリスト:
          :田中康夫(新党日本 代表)
          :鈴木寛(前文部科学副大臣・民主党)
          :木村真樹(コミュニティ・ユース・バンク momo 代表理事)
          :チョ・ヨンボク氏(釜山大学教授、美少金融財団理事)
          :生田秀(弁護士・休眠口座プロボノリサーチチーム代表)
     ビデオメッセージ:イギリス休眠口座関係者
     コーディネーター:駒崎弘樹(休眠口座国民会議 呼びかけ人)

 14:55 質疑応答

 15:25 懇親会

 16:25 終了

  ※内容・時間は、一部変更になる場合もございます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ パネラー紹介
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】田中康夫氏(新党日本代表)
---------------------------------------------------------------
  新党日本代表、衆議院議員。2010年10月7日衆議院本会議代表質問から
 昨年11月1日の代表質問に至るまで、イギリスのBig Society Bank構想
 グラミン銀行のマイクロファイナンス等に言及し、社会的共通資本と
 しての休眠口座の活用を訴えてきた。

【2】鈴木寛氏(前文部科学副大臣)
---------------------------------------------------------------
  大学を卒業後,昭和61年通商産業省に入省。平成11年慶應義塾大学
 環境情報学部助教授に就任。平成13年参議院議員に初当選し,
 2009年9月、文部科学副大臣に就任。「新しい公共」に関する論客であり、
 結や講など古くから日本にあったコミュニティ金融に造詣が深い。

【3】木村真樹氏(コミュニティ・ユース・バンクmomo代表理事)
---------------------------------------------------------------
  大学卒業後、銀行等を経て2005年東海地方で初となるNPOバンク
  「コミュニティ・ユース・バンク momo」を設立、代表理事に就任。豊かな
  未来を実感できる社会をつくるために、これからの地域を担う若者たちによる
  「お金の地産地消」の実現に取り組む。


【4】チョ・ヨンボク氏(釜山大学教授、美少金融財団理事)
---------------------------------------------------------------
  韓国において08年に誕生した、休眠預金を原資としたマイクロファイナンス機関
 「美少金融財団」理事。韓国におけるNPO・社会的企業研究の第一人者。


【5】生田秀氏(弁護士・休眠口座プロボノリサーチチーム代表)
---------------------------------------------------------------
  弁護士。大毅法律事務所所属。2011年より休眠口座プロボノリサーチチームの
  メンバーとして研究。「休眠預金法」試案を作成し、内閣府新しい公共専門調査会
  に提出。

【コーディネーター】 駒崎弘樹氏(休眠口座国民会議 呼びかけ人)
---------------------------------------------------------------
  病児保育のNPO法人フローレンス代表理事。2010年1月より6月まで内閣府
 非常勤国家公務員(政策調査員)、12月より内閣府「新しい公共」専門調査会
 推進委員に任命。低所得のひとり親世帯への保育サポートを行なっている時に、
 貧困の世代間連鎖に気づき、日本でのマイクロファイナンスの必要性に着目。11年
 政府に休眠口座基金創設の提言を行った。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ お申込み
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記Webサイトより、お申込みください。
 https://fs220.xbit.jp/x489/form1/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ 休眠口座国民会議メンバー(敬称略)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 呼びかけ人(順不同):
  鵜尾雅隆(ファンドレインジング協会 事務局長)
  駒崎弘樹(慶應大学非常勤講師・前「新しい公共専門調査会議」委員)
  渋谷健司(東京大学教授)
  井上英之(慶應大学特別招聘准教授)
  大毅(大毅法律事務所 代表)
  土井香苗(ヒューマン・ライツ・ウォッチ ジャパン代表/弁護士)
  原田英治(英治出版 代表取締役社長)
  宮城治男(NPO法人Etic.代表)
  木村真樹(コミュニティユースバンクMOMO代表)
  山内直人(日本NPO学会会長・大阪大学教授)
  岸本幸子(パブリックリソースセンター理事・事務局長)
  白井智子(NPO法人トイボックス代表)
  坂之上洋子(社会貢献ブランドコンサルタント)
  工藤啓(NPO法人育てあげネット 代表理事)
  佐藤大吾(一般社団法人 ジャスト・ギビング・ジャパン代表)
  勝谷 誠彦 (コラムニスト)
  笹川陽平(日本財団会長)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お問い合わせ先 ■
公益財団法人 日本財団 コールセンター
TEL:03-6229-5111 FAX:03-6229-5110
〒107−8404 東京都港区赤坂1丁目2番2号 日本財団ビル
E-mail: cc@ps.nippon-foundation.or.jp
Website: http://www.nippon-foundation.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

被災地の中高生向け学習支援「希望のゼミ」に共感し、寄付をして下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://kibounozemi.jp/support.html

外で遊べない福島の子どもたちに屋内公園を提供する「ふくしまインドアパーク」に協力したい!という方は、下記のフォームからお申し込み下さい。
http://www.facebook.com/fukushima.indoorpark?sk=app_172678112819575

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。