2011年11月17日

避難家庭のための「フローレンス保育室(一時保育)」を臨時開設しました!


被災地支援事業部より報告です!

DSC_1223.JPG


フローレンスの被災地支援の一環として、無償で行っている「避難家庭保育サポート」。10月27日と11月4日の両日に、「フローレンス保育室(一時保育)」を臨時開設しました。これは、フローレンス事務所の会議スペースを避難家庭の一時保育の場として提供するもの。今回、ご利用になったのは、原発の影響で、お母様とお子様2人が東京のホテルに避難し、お父様は福島に残って仕事を続けているご家族です。

お母さんは、東京に知り合いがなく保育園は空き待ちのため、この夏の炎天下、1歳のお子様をベビーカーに乗せて外回りのお仕事を続けたガンバリ屋さんです。二重生活の家計を助けるためとはいえ、あまりの暑さに「(こどもの)熱中症が怖く、毎日辛いです」と、私たちに助けを求めていらっしゃいました。

避難家庭への一時保育は避難者の滞在先で行いますが、このご家族の滞在ホテルは第三者の入室が認められていません。通常なら保育をお断りしなければなりませんが、@お子様が1歳と小さいこと、A滞在ホテルがフローレンス事務所の近隣であること、Bお母さんが事務所までお子様を送り迎えが出来ることから導き出した解決策が「フローレンス保育室」でした。

早速、お母様にご案内したところ、「自分たちだけ特別扱いでは申し訳ない」と遠慮され、すぐには利用されませんでした。しかし、今回はお子さんを同行させることが出来ないお仕事のため、やむを得ず保育を依頼していらっしゃいました。私たちがお会いした福島のお母さんは、皆さん、我慢強く、切羽詰まって初めて支援を求めてこられている状況です。

初日は、お子様のお昼寝中から保育が開始。1時間ほどで目覚め大泣きされましたが、二回目の時は、お昼寝の時間になっても眠い目をこすりこすり、「おねんね」と促してもイヤイヤをして保育者と遊びたがるほどご機嫌に過ごされました。安心してお仕事に専念できたお母様からも、とても喜んで頂けました。

DSC_1234.JPG

一家の避難先の滞在期限は10月末。次の滞在先もホテルの期限延長も決まらず、福島に戻りたくても戻れない、先の見えない不安な日々を送っていましたが、11月に入ってやっと次の滞在先も決まり、避難以来、やっと第一歩が踏み出せたところです。

このように、震災以来8ヶ月過ぎた今も、 家族別々に生活せざるを得ないご家族がいらっしゃいます。私たちは、一人でも多くのご家族に平穏な日々が訪れることを願い活動しておりますが、それも皆さまからのご寄付に支えられて初めて続けることが可能です。皆さまのご理解とお力添えを頂けましたら幸いです。

★下記口座にて、ご寄付を受け付けております。
・名義:特定非営利活動法人 フローレンス 代表理事 駒崎弘樹
・銀行名:三菱東京UFJ銀行 / 支店:深川支店 (086)
・普通預金 / 口座番号:0118594
※恐れ入りますが、振込手数料はご負担願います。
※振込時に、振込人名の頭に「カテイ」とご入力下さいませ。


★一時保育を必要とされている被災者の方(23区内滞在)のご連絡をお待ちしております。フローレンス事務局までお問い合わせ下さい。
・NPO法人フローレンス
・メールアドレス:katei[at]florence.or.jp
・件名:「避難家庭保育サポート希望」
・本文中に必要な情報
 @お名前
 A連絡先電話番号
 B保育を必要とするお子様のお名前と年齢
 C現在滞在中の場所
 D保育を必要とする理由
 E保育希望日・希望時間(決まっている場合)

--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。


-----------------------------------------------------------



posted by 駒崎弘樹 at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/235701799
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。