2011年10月27日

いつの間にか日本が世界の子どもたちのためにものすごい貢献し始めてた件、みんな知ってる?


これ知ったら、日本のこともう呼び捨てにできなっすよ。日本さん、って呼ばないと。

PP204728re.jpg


いや先日、友人の坂之上洋子さんに誘われてパーティーに行ったら、そこにボクシングの亀田とか、元首相とか、色んなセレブがいたんです。何の会か、ってきいたら、ポリオっていうんですよ。ポリオ。

あの髭の外人ね、ってそりゃマリオね。
あのカクカクしてるやつね、ってそりゃポリゴンね。

ポリオっていうのは、急性灰白髄炎っていって、子どもに小児マヒとか起こしちゃう怖い病気なんですよ。かかっちゃうと、効果的な治療法がないと言われてます。
でも、大丈夫。ポリオにはワクチンがあるから、事前に打っておけばもう安心。
このワクチンのお陰で、約20年前には125カ国にも広がっていたポリオが、今やあと4カ国を残すのみ、という、あとちょっとで根絶だ!っていう段階まで来たんです。

jigh_map1.jpg

しかしここで安心しちゃあいけません。根絶しない限り、あっという間に拡散しちゃったりするのです。ついこの間も、なくなったはずの中国でポリオが発見されて、調べてみたら何千キロも離れた場所から来たウィルスだったそう。
あくまで根絶目指さないとダメよ、ということ。日本でだって、大流行する可能性があるわけです。

だとすると、残った4カ国でとっとと予防接種してワクチン打てば良いじゃんYO!と思うでしょ。僕も思いました。そうしたらば、なんとその地域、紛争地帯でワクチンとかそういう状態じゃないみたいなんです。特にパキスタンとアフガニスタン国境なんて、ドンパチやってるわけですから。子どもなんて二の次、三の次です。

そこで日本政府は立ち上がったんです。日本政府が、パキスタン政府に50億の貸し付けをし、3年でポリオを撲滅すれば、日本への返済は(パキスタンじゃなくって)ビルゲイツ財団が行う。もしできなかったら、パキスタン政府が返済をしなくてはならない。というめちゃ画期的なスキームを創りあげたわけです。
その調整役で、日本グローバルヘルス協会っちゅうのが作られて、友人の坂之上さんはそこで戦略担当として頑張っているわけです。

これ、すごいっすわ。パキスタンは50億自腹切るのは嫌で「まあ紛争もたいがいにして、子どもに予防接種受けてもらおう」みたいな方向に行ってくれれば、紛争も緩和されるわ、子どもも助かるわで、めちゃめちゃ良い事です。
しかも僕達から見ると日本って頼りなくてノーフューチャーな感じな国に思っちゃいがちですが、あそこら辺の国々からすると、ものすごい信頼と尊敬をされていて、日本だからこそできる国際貢献のカタチになっているわけです。

そう、そんなわけで、いつでも野田政権どうしようもねえな、とせせら笑ってても良いのだけども、実はこういうプロジェクトも動いていて、そこでは民間から坂之上さんみたいな人が必死になって戦略考えて、政治家たちも頑張って色々動いて、亀田チャンピオンとかロンブー淳さんとかセレブな人達も広告塔になってくれて、っていって、力を合わせている活動があるわけですよ。

なので、日本せせら笑うの飽きたら、是非ポリオのこととか少しでも知って下さい。
日本がまだまだ人類に貢献できる国だってこと、知って下さい。
そしてその日本をもり立てるのは、そこで生きる我々だってこと、思い出してくれたら、と思います。

--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。


-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。