2011年09月26日

なぜかロフトプラスワンで辻本清美さんとバトルトーク


なぜかアングラの聖地ロフトプラスワンで311後の日本について語ります。


別日に「オタクAV最前線」や「SM神社祭り」等というイベントが目白押しな中、どれだけバリューが出せるか今から心配ですが、内閣総理大臣補佐官の辻本清美さん、観光庁長官の溝畑さんと大変豪華な出演者が、歌舞伎町の中心で市民社会や被災地支援についてガチで語る、とこれまでも、そしてこれからもないであろうレアなイベント(笑)。お見逃しなく。
----
9/27(火)
辻元清美トークライブ
「助けあおうジャパン!〜3・11後の日本を元気にするために」

東日本大震災発生後、災害ボランティア担当の総理大臣補佐官として
被災地を奔走してきた辻元清美が、新宿・歌舞伎町のトークライブハウス
「ロフトプラスワン」に初登場!

各界の現場で実践を続けるゲストを迎え、日本を元気にする
方法を探ります。

居酒屋スタイルのトークライブハウスで、フリースタイルの
ディスカッションをお楽しみください!


日時: 2011年 9月 27日(火)OPEN 18:30 / START 19:30
予約 ¥1500 / 当日 ¥1800(共に飲食代別)

場所:ロフトプラスワン
    新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2 TEL 03-3205-6864
    http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/access.html

ご予約はこちらから ⇒ http://bit.ly/nvUO7i

ロフトプラスワン9月イベントスケジュール
http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/schedule/lpo.cgi?year=2011&month=9

【トークライブ趣旨】
東日本大震災で日本は大きく変わった。

原発に象徴される大規模・中央集権型のシステムは機能不全となり、
政治も経済も思考停止状態に見える。

しかし、本当に希望はないのか。

被災地には60万人(実数100万人)を超えるボランティアが参加し、
自衛隊に次ぐマンパワーとして復旧に力を注いだ。
阪神淡路大震災のときは対立の構図にあったNPOなど
ボランティア団体と行政の連携が急激に進んだ。
とくに多くの若者が被災地で「居場所と出番」を見つけた。
被災地で 結んだ「絆」をもとに、町おこしや起業を始める動きもある。

希望と絶望がごちゃまぜに存在する東北の未来は、日本の未来。
各界の現場で実践を続けるゲスト を迎え、日本を元気にする処方箋を探したい。


【出演者紹介】

●辻元清美(衆議院議員・前総理大臣補佐官)
 1960年奈良県生まれ、大阪育ち。早稲田大学教育学部卒業。
 学生時代にNGO『ピースボート』を創設、世界60カ国と民間外交を進める。
 '96年に衆議院議員に初当選。'09年、国土交通副大臣。
'11年3月、東日本大震災発生後、災害ボランティア担当の
 内閣総理大臣補佐官に。


●前田知巳(コピーライター)
 1965年生まれ。東京外語大学卒。博報堂を経て、'99年からフリーランス。
 ファーストリテイリングの「服を変え、世界を変え、常識を変えていく」や、
 シャープの「目指してる、未来が違う。」、キリンビールの「うれしいを、
 つぎつぎと。」など、商品はもとより、多くの企業広告やコンセプトワーク、
 ネーミングを手がける。

●溝畑宏(観光庁長官・元大分トリニータ社長)
 1960年京都府生まれ。東京大学法学部卒。'85年に自治省(現在の総務省)
 に入省。その後、'90年に大分県庁へ出向。
 '94年大分トリニティ設立(その後、大分トリニータにチーム名変更)。
 '04年クラブの社長に就任し、2006年、官僚を辞めてクラブ運営に専心。
 '08年、大分トリニータのナビスコカップ優勝で悲願の日本一を達成した。
 翌年、社長を辞任。現在、国土交通省・観光庁長官として、新しい
 観光立国を目指し活躍を続けている。

●駒崎弘樹(NPO法人フローレンス代表理事)
 1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
 在学中に学生ITベンチャー経営者として、様々な技術を事業化。同大卒業後、
 ITベンチャーを共同経営者に譲渡しフローレンスをスタート。日本初の「共済型・
 非施設型」の病児保育サービスとして展開。
 '10年1月より6月まで内閣府非常勤国家公務員(政策調査員)、5月より
 明治学院大学/非常勤講師、6月より厚生労働省「イクメンプロジェクト」
 推進委員、10月よりNHK中央審議会委員に任命。
 12月より内閣府「新しい公共」専門調査会推進委員に任命。
 '11年7月より東京都男女平等参画審議会委員。一児の父。

--

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・市川市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。


-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。