2011年07月25日

中小企業でもできる在宅勤務について勉強しよう


311後、在宅勤務の波が押し寄せています。



この状況に置いていかれないで、むしろ率先してテレワーク体制を整え、自社の生産性を上げていって頂けたらと思います。そのため、日本WLB研究会では、下記のような勉強会を行うことになりました。実際にケースをもとに議論しますので、非常に実戦的です。実務者の方々、ぜひお集まり下さいませ。

-------------

2011年第3回勉強会】第3回勉強会のお知らせ

━━━━━━━━━━━[転送・転載歓迎]━━━━━━━━━

□■ 日本ワークライフバランス研究会 2011年第3回勉強会 ■□
  ■■  「震災後の今、必要とされる在宅勤務」  ■■
          〜 中小企業でもできる在宅勤務導入方法を学ぶ 〜

震災後、事業継続の対策として在宅勤務を導入する企業が増加しています。
しかし、現在、マスメディア等で紹介されるのは、従来から在宅勤務を実施していた大企業の事例が大半です。
これまで在宅勤務に関する経験がなく、資金もマンパワーも不足しがちな中小企業は、どのように在宅勤務制度を導入し運営すればよいのでしょうか。
本セミナーでは、先進事例を紹介し、また、専門家から中小企業でもできる在宅勤務の情報セキュリティ対策を学びます。
さらに参加者が知恵を話し合うことで、具体的に導入へのアクションを起こすサポートをすることを目的とします。

■このような方はぜひご参加ください
・おもに中小企業の経営者、人事担当者、個人事業主の方など
・在宅勤務に関心がある方
・震災後の働き方を見直したい方

-------------------------------------------------------------
■日時:2011年8月3日(水)18:45〜20:50 @東京ウィメンズプラザ第一会議室(18時30分開場)

■お申込み
 https://ss1.coressl.jp/kokucheese.com/event/entry/13131/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【開催詳細】

■日時
2011年8月3日(水) 18:45〜20:50(18:30会場)

■場所
東京ウィメンズプラザ 第一会議室
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67
Phone:03-5467-1711(代)
URL:http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/
アクセス: JR山手線・東急東横線・京王井の頭線:渋谷駅下車徒歩12分
      地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線:表参道駅下車徒歩7分
      都バス(渋88系統):渋谷駅からバス4分青山学院前バス停下車徒歩2分
  地図: http://bit.ly/k5PLQn

■参加費
3,000円(税込) 

■プログラム概要
1.18:45オープニング(5分)

2.18:50日本の在宅勤務の現状(10分)
在宅勤務の導入状況や、導入の障害となっている要因などをデータを用いて概観します

3.19:00事例紹介(30分)
先行して在宅勤務を実施している企業や在宅勤務者からメリット・デメリットをお話いただきます
・(有)M&Partners International 桃原 則子様 「〜スタッフ全員在宅ワークで13年。その可能性と課題について〜」
・アマゾン(株) 河野 優祐様 「在宅勤務の利点と課題〜現場の従業員視点で〜」
4.19:30講義(20分)
「中小企業でもできる在宅勤務の情報セキュリティ対策」
  講師:NPO日本ネットワークセキュリティ協会様

5.19:50ダイアログ(20分)
在宅勤務のメリット・デメリットについて話し合い、導入やよりよい運営のために参加者が智恵を出し合う場とします

6.20:10質疑応答(30分)
  具体的なアクションに結び付くように、参加者の不明点を解消する場とします
 回答者:パク・スックチャ氏
  アパショナータ,Inc.代表 ワーク/ライフ・コンサルタント  シカゴ大学 MBA(経営学修士)取得。
  2000年12月に日本で最初のワーク/ライフ・コンサルタントとして独立し,アパショナータ,Inc.設立。
  ダイバーシティ(多様性)とテレワーク(在宅勤務)も専門とする。
  在宅勤務(テレワク)導入コンサルティングで成果を出し、企業での在宅勤務促進に力を入れる。
  著書「会社人間が会社をつぶす−ワーク/ライフ・バランスの提案」/「アジアで稼ぐアジア人材になれ」

7.20:40クロージング+アンケート記入(10分)


■お申込み
 https://ss1.coressl.jp/kokucheese.com/event/entry/13131/




------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フ ローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。


-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。