2011年07月17日

被災地から東京に避難されている子育て家庭への、無償一時保育を始めました

東日本大震災による被災地から東京への避難者数は約7,000人。フローレンスは、そんな避難家庭への一時保育サポートに取り組み始めました。
慣れない東京で仕事を探したり、就職のための講習を受けたりしたいが、その間、子どもを見てくれる人がいない。そんな避難者の方々のために、病児保育の経験を生かし一時保育を無料で行います

きっかけは、千代田区社会福祉協議会からのご紹介。福島から東京に避難していらしたご家族のお子様(3姉妹)の定期的な一時保育を7月初旬に行い始めました。

このご家族は、お母様とお子様だけが東京に避難され、お父様は地元に残り仕事を続けていらっしゃるため、一家が離れて暮らしています。東京に避難してからも、一時避難所には滞在期限があるため、都内各所を転々とする落ち着かない毎日。現在は某ホテルに滞在していますが、ここもあと2週間で別の場所に移ることになります。

保育当日は、朝9時より保育者2名を滞在先に派遣。午前中、部屋で工作をしたあとは、近所の小学校で暑いのも忘れて一輪車で夢中で遊びました。午後は、同じホテルに避難しているお友達と部屋で劇をしたり、トランプをしたり。

七夕で短冊を書いたという話になったときのこと。2番目のお子様がひときわ大きな声で、「早く家族5人が一緒に過ごせますように、って書いたの」。また、一番下のお子様のお昼寝の時にカーテンを閉めたところ、「暗い所は怖いからカーテンを閉めないで!」。ちょっとした一言に子どもの心の傷が垣間見えます。

お母様は18時に帰宅。長時間の保育でしたが、無事終了しました。1日を終え保育者は、「我慢を強いられる毎日で、小さいながらもストレスが積み重なっているだろうから、まずは気持ちを受け止めることを大切にし、不安感を緩和できれば」と、話していました。終了時に子どもたちが、「帰っちゃいやだー!」と駄々をこねていたところをみると、保育者の気持ちは伝わっていたようです。

2回目以降の保育は、別の避難所に引っ越してからとなり、子どもたちに過度な負担がかからないかが心配されますが、今回と同じ保育者が伺うことで、ひとときでも楽しく過ごしてもらえたらと願っています。

フローレンスの専門は病児保育ですが、今後も被災した子どもたちの心に寄り添う一時保育を一定期間の間、広げていくつもりです。一時保育を必要とされている被災者の方(23区内滞在)は、フローレンス事務局までご連絡下さい。

●連絡先
NPO法人フローレンス
メールアドレス:info[at]florence.or.jp
件名:「避難家庭保育サポート希望」
本文中に必要な情報
@お名前
A連絡先電話番号
B保育を必要とする子どもの名前と年齢
C保育希望日・希望時間
D現在滞在中の場所
E保育を必要とする理由




------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フ ローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。


-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/215297139
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。