2011年05月16日

おうち保育園に幼児用AED導入しました


想定外を想定する。
東日本大震災が我々に教えてくれたのは、その心構えではないかと思います。


s-AED.jpg


保育の現場において、確率はとても低いですが悲しむべきことに、子ども達が突然死に至るケースは存在します。その一つに、心室細動と言って、心臓がこむら返りのような状態になってしまい、通常の鼓動ができなくなってしまう状態があります。

キャッチボールをしていて、ボールが胸にぶつかってしまったりすることで、発生する事例が数は少ないですが、報告されています。
そうした確率が非常に低い想定外の事態に備えて、フローレンスではおうち保育園全園に幼児用AEDを配備致しました。このごろ街中でよく見かけるようになったAEDですが、基本的には成人用のもので、そのまま子どもには使えません。

※追記:基本的には電流を子ども向けに弱くした小児用が良いそうですが、ない場合は大人用でも、やらないよりやった方が良いそうです。ですので、上記表現は訂正します。ただし大人用を使う場合は電極が重ならないよう十分注意が必要だそうです。
参考URL:http://www.jhf.or.jp/aed/children.html
http://www.terapyi.net/AED/kodomo.html


ですが、最近になって子どもにも使えるような新型AEDが開発されてきたのです。

まだまだ保育の場での導入は広がってはいませんが、この幼児対応のAEDをおうち保育園にいち早く導入したことで、子どもの命を守れる体制を強化していけたらと思います。

もちろん単に置いておいただけでは、とっさの際に使えません。
継続的なトレーニングを行うことが組織的に求められます。ですので、四半期に1回行う各園スタッフが集う「おうち保育園全社会議」において、毎回AEDを使えるかどうかのチェック研修を開催していくフローを決定しました。

慢心せず、万が一に備える組織を創っていきたいと思います。



------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フ ローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------


posted by 駒崎弘樹 at 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事で書いた文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。