2011年04月27日

敗れたのは民主党ではない

東京都、出馬12区長全員再選(読売新聞)

---------------

今回実施された13区長選に立候補した現職は12人全員が再選された。前回選でも現職に挑んだ新人はすべて敗れており、今回も現職の厚い壁に阻まれた。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20110426-OYT8T00050.htmより

------------

以前も書いたように、東京都の現職区長の平均年齢は64.9才。次の選挙の時は68.9才になっている。

そして都知事選の世代別投票率と投票者数のグラフがこちら。
東京都世代別投票率・者数.png

Thanks to @hmm510さん(出典URL: http://twitpic.com/4j9i91


何度でも繰り返す。若年層が投票に行かないことによって、歳出(国の支出額)はこども:高齢者対比で1:11になっている。

高齢者:こども予算.jpg

そして世代会計という世代ごとの支払った税金・保険料と、還付された受益額を比較すると、こうなる。

世代会計.gif

つまりは若者世代に、そして我々の子どもの世代になるほど、税や保険料は払い損になり、得をする高齢者との格差は非常に大きくなる。(現在、高齢者と若年層の世代会計格差は4000万円

そして将来世代の負担は世代会計の提唱者のコトリコフ曰く、調査実施17カ国中、日本は最悪である。

さぁ、敗北したのは誰だろうか。
民主党?
選挙に行かない我々若年者層?
違う。

我々若者は、我々の社会への不参加を、いずれ社会保障の空洞化という血にまみれたツケを、自身が老人になった時に払わされるだけなので、良いだろう。
しかし我々の愛する息子と娘たちの世代は、我々の無関心によって、我々以上のツケを払わされることになるだろう。

真の敗北者は、我々の胸ですやすやと眠る、あるいはいまだ生まれていない、私達の最も愛するものたちではなかろうか。




------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フ ローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・神奈川県川崎市・横浜市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm

フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198006500
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。