2011年04月09日

休眠預金を復興支援へ!

震災から1か月が経とうとしています。


原発は収束せず、余震は続き、被災地ではいまだに不安な日々が続きます。しかしガソリンの流通復活や東北新幹線の復旧等、徐々に社会インフラ復旧の兆候も見えます。

復興。被災地の方々の苦しみに寄り添いながら、私達はこの大事業について考えなくてはなりません。
阪神淡路大震災の際は、復旧費用が300億円(復旧支援に充てられた特別交付税総額)、復興計画事業費は16兆3000億円(阪神淡路震災復興計画及び補完プログラムに位置づけられた事業総額)でした。今回の東日本大震災では、それを大幅に上回る復興費用が必要とされています。

一方で国の財政は1000兆弱の債務を抱え、更に毎年50兆近く増やし続けているという火の車状態です。民間の英知を結集して、この国難にあたらねばなりません。

そこで、私は復興のために「銀行埋蔵金」とも呼ばれる、休眠預金を復興に活用する案を提起したいと思います。

休眠預金(休眠口座)とは何でしょうか。小さな頃にお年玉を入れていたり、へそくり用に作ったりしてずっと使ってない口座は、誰しもあろうかと思います。実はこの口座に入っている預金は、10年経つと銀行の利益になります。

そんな馬鹿な、と思われるかも知れませんが、事実です。その額3メガバンクだけで「毎年」約300億円。金融機関全体だと1000億円が毎年毎年、金融機関の利益として処理されるわけです。

例えば今回、被災して亡くなった方々の口座も、当然休眠口座になり、10年経つと銀行の利益になります。

こうした庶民感情からは納得できないような状況に対し、諸外国では2つの方法を取っています。

ひとつは、国民が休眠口座を探しやすいような統一的な窓口を創る。ここに聞けば、どこに休眠口座があるか分かる、というようなものですね。イギリスや勧告等では、WEBから休眠口座を探せるようになっています。

一方、預金者が亡くなられたりしていて、探すこともできない場合もあります。こうした場合は、社会福祉等に活用することで、国民に還元する、という手法が取られています。

例えば韓国では「休眠口座基金」が設立されて、奨学金や福祉等のために、小額低利子貸付(マイクロファイナンス)に利用されています。

諸外国にできて、日本にできないわけがありません。国民の預金を、毎年1000億円ずつ銀行の利益にするのではなく、被災地で苦しむ方々、そして東北の復興のために活用していくべきです。

例えば、毎年1000億円ずつ銀行の利益になる休眠預金の3割でも使えたとしたら、どうでしょうか。

県外避難者の方々が再就職するのにかかる費用は1人あたり約250万円と言われていますが、1万2000人(県外避難者の3人に1人)に再スタート準備金を貸し付けることができます。

震災遺児の子どもたちが大学に進学するためには、生活費も入れて4年間で600万円は最低限必須です。300億円あれば、2500人の遺児達に大学に行ってもらうことができます

また県外避難者の方々が地元で生活を再スタートさせる際にもお金が必要ですが、1人当たり150万円として推定帰郷希望者15000人全員に再スタート支援金を貸し付けることができます

国や地方自治体では公平性の原則から中々進まないだろう領域に、迅速かつきめ細かく支援することが可能になるでしょう。

政治家の方々。復興のために「休眠口座基金」を、我が国でも創りませんか
銀行には嫌われるかも知れませんが、地震と津波と原発に何もかも奪われた方々の生活を救うことはできるでしょう。
力を貸して下さい。

※関連資料

●休眠口座基金による東北復興案
http://bit.ly/ehwGIl

●休眠預金法私案(大毅法律事務所等のプロボノ協力により作成)
http://bit.ly/h7RUur

●各国の休眠口座基金について
http://bit.ly/gTCZZf

------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フ ローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・神奈川県川崎市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------

posted by 駒崎弘樹 at 20:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事で書いた文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご意見に賛成です。

「休眠口座」なんて、知りませんでした!
10年使わないと銀行のものになって、その額メガバンクだけで毎年1000億円なんですね。
ここでも「権利の上に眠るものは保護に値せず」なんでしょうが、まるまる銀行のものになるより、今は被災した方たちのために使われるほうがいいです。
Posted by 民法ニート at 2011年04月10日 16:10
>民法ニートさん

ありがとうございます!
メガバンクだけだと約300億円で、金融機関全体だと1000億円程度と言われています。
諸外国でできていて、我が国にできないわけがないので、是非とも実現したいと思います。
Posted by 駒崎弘樹 at 2011年04月10日 16:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。