2011年03月13日

【利用会員の皆様へ】3月14日の病児保育サービス体制につきまして

ご利用会員の皆様

平素は大変お世話になっております。フローレンス代表理事の駒崎です。


一昨日の日本観測史上最大となるM9.0の東日本大震災におかれましては、
皆様大変なご苦労をされたことと存じます。
幸い、11日の地震時にお預かりしておりましたお子様は、
全員無事に親御様に引継ぎを行うことができました。
当日勤務しておりましたスタッフも、明け方までには無事に帰宅することができました。

有事の中徒歩でご帰宅いただきました会員の皆様、
そして、余震が落ち着くまで隊員を避難させてくださった会員の皆様、
本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます。
大きな怪我や事故なく1日を乗り切れましたのは、ご利用会員の皆様のご協力のおかげです。

北関東・東北地方にご家族がいらっしゃる会員の皆様には、心よりお見舞いを申し上げます。
私も義理の家族が福島県で被災生活を送っており、胸が締めつけられる気持ちでおります。
一人でも多くの方がご無事でいらっしゃるよう、お祈り申し上げます。

さて、ここから明日からの病児保育サービス体制についてアナウンスを行いたいと思います。
大地震発生から48時間を経過いたしましたが、関東地方でも未だ余震が続き、
電車・水道・電気・ガス等のライフラインに影響が出ている地域があります。
また、明日からは東京都内でも計画的な停電が実施されるという報道もございます。

これらの状況を鑑み明日14日は以下の通り、病児保育サービス体制を変更させて頂きたく思います。
(明後日15日以降は通常サービスに戻すことを現時点では予定しています。)

-----【記】-----

1. サービスは行います。ただしベストエフォート体制(非100%対応)
・前日のご予約は通常通り15:00-21:00まで会員専用サイトにてお受けします。
・21:00-22:00までにお預かりの可否をご連絡いたします。
・お電話への対応は20:00-22:00といたします。
・当日のご予約は7:00より随時アレンジ、
 またはお預かりの可否をご連絡いたします。

明日からも病児保育サービスは継続して御利用が可能です。
ただ、金曜日に現場でお子様をお預かりしていた隊員の中に
ケアを必要とする者が複数人存在すること、
また再度来ると想定される余震時における適切な対応を、
なるべく多くのこどもレスキュー隊員に至急シェアする会議を開きたいため、
当日は一定数を超えるレスキューをお断りさせて頂く場合がございます。
明日ご利用されたい皆様には大変ご不便をおかけしてしまいますが、
有事において適切な行動を取れるか否か、それを徹底共有することは、
お子様の命を左右することですので、是非ご理解頂けたらと存じます。
また、電気(エレベーター含む)がつかない、
水道が出ない等の状況にあるご家庭では、
病児保育に直接支障がございますので、
大変恐縮ではありますが、対応することはできません。


2.対応時間に関しまして
明日の病児保育対応時間は8:00-18:30とさせていただきます。
場合によってはリレー保育となりますこともご了承ください。
また、本日15時以降の電気を含むライフラインの状況に変化がありました場合は
ご希望のご予約時間を変更していただくこともございます。


3.こどもレスキュー隊員の研修について

今回我々は
「現場からの無事であることのメールが本部に届かない」
「(現場から連絡があっても)お子様をお預かり中の親御さんと電話やメール等が繋がらない」
「ご家庭によっては家具等が倒れ、食器などが散乱してしまい、危険があった」
等の貴重な教訓を得ました。
これを至急こどもレスキュー隊員全員と共有・研修を行い、
また余震等が襲った場合に冷静に対応し、
必ずお子様の安全を守れるよう、対策を徹底していきたいと思います。


4.余震発生時の連絡方法
余震時は携帯・固定電話・メール等、一切通じない可能性があります。
一昨日はTwitterのみが比較的堅調に利用可能でした。
ですので、フローレンスアカウント
私、駒崎アカウントで安否確認をTweetし続け、
何人かの親御さんとはTwitterで連絡を取り合えました。
これから来ると想定される余震時においても、
携帯等でのご連絡はトライはしつつも、
並行的にTweetして安否をお伝えしますので、
できればフォローを宜しくお願い致します。

フローレンスアカウント:@sprflorence
駒崎アカウント:@Hiroki_Komazaki


5.その他

本日15時以降の余震等の状況によりましては、
明日以降において一時的にサービスを停止させていただく
可能性もございます。

以上


ご利用会員の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、
有事下につき、何卒ご理解・ご協力賜りますようお願いいたします。

フローレンスは本大震災を教訓に、更なるリスクマネジメント体制を打ちたて、質の向上を図ってまいりたいと思います。
また更に、今なお苦しむ被災地の同胞達に対し、寄付等をお送りすることで、復興を手助けしたいと考えております。
その際は皆さまから共済的仕組みで頂いている月会費や保育料から生まれた余剰金の一部を、原資とさせて頂くことを、何とぞお許しください。

皆さまの子育てと仕事の両立を全力で支援させて頂くことで、
復興に貢献して参りたいと思います。今後とも何とぞ宜しくお願いいたします。


追記1
病児保育サービスエリアの中で、計画停電指定地域となった横浜市・川崎市・荒川区に関しましては、大変申し訳ございませんが、停電下で余震があった場合、お子様の安全を確保することが難しいため、病児保育は行うことができません。御理解頂けましたら幸いです。


追記2
22時40分現在、東京23区においても輪番停電が計画されているというデータが東京電力HPに掲載されています。http://www.tepco.co.jp/images/tokyo.pdf
誠に申し訳ございませんが、
台東・品川・目黒・大田・世田谷・杉並・豊島・北・荒川・板橋・練馬・足立・葛飾
地区にお住まいの方は停電下で余震があった場合、お子様の安全を確保することが難しいため、病児保育を行うことができません。ご了承ください。


------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フ ローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・神奈川県川崎市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------
posted by 駒崎弘樹 at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。