2011年01月01日

2011年の抱負


2010年は病児保育問題に加え、フローレンスが待機児童問題の解決にも乗り出した年でした。



「子育てと仕事の両立可能な日本」というのは、今後高齢化と人口減少の合わせ技によって、経済縮小と社会保障の歪みによって50年ほど苦しめられる日本にとって、なくてはならないビジョンです。

急激な人口減少(=急激な労働力減少)を緩和させるためには、現在のM字カーブを打破し労働市場参入を当たり前のものしないといけませんが、そのためには病児保育問題と待機児童問題という壁を突破しなくてはなりません。

病児保育に関しては、「非施設・共済型」というイノベーションによって解決の道筋はつけたと認識しています。今後は(ビジョナリーカンパニー2的に言うと「弾み車を押す」)地味で継続的な改善を蓄積させていき、良好から「偉大」への道筋を辿っていきたいと思います。
具体的には、成長を下支えする人材採用・育成の仕組みをバージョンアップしていき、バランスのとれた人材供給体制と、成長によって劣化されない品質担保の仕組みを構築していきます。
また、IT投資を加速させ、肥大しがちな事務局体制の生産性を上げていきます。

待機児童問題に関しては「待機児童の8割が都市部に集中し、かつ0から2歳の低年齢児」という特性から、空き家を利用したマイクロ保育園「おうち保育園」という解決策に至り、昨年は二園を開園し、新年早々品川シーサイドに三園目を開園します。同時に政策提言を行い、来年度国会提出の「子ども子育て新システム」に「小規模保育サービス」という名前でメニューの一つとして盛り込んでもらいました。

これで、人員配置等で質を落とさず、かつ都心部でも出園可能な、待機児童対策のためのビークル(乗り物)が法的にも裏付けられるようになるわけで、そうするとフローレンス以外の地域のNPOや保育会社が続々と参入していけることになります。そうすれば、都市部の待機児童問題は解消に向かうことができる、というシナリオです。

11年は、こうしたビジョン達成のために、「子ども子育て新システム」が現場にとって現実的であるよう、政策提言を続けていくと共に、小規模保育サービスのノウハウを蓄積し、形にしていきたいと思います。それらは数年後にフローレンスだけでなく多くの事業者がマイクロ保育園をし始めた時に、共有財としてシェアされ、質の高い「家庭的保育」というジャンル確立に寄与することでしょう。

更に、2011年の通常国会によって寄付税制改革が実現する予定であり、新「認定NPO」制度が11年中に肉付けされていくので、2012年が日本における寄付元年となっていくと考えられます。そこに合わせてよりよい制度実現をロビイングしていくだけでなく、国民的な機運を盛り上げていきたいと思っています。これには是非マスメディア・ソーシャルメディアの方々のお力もお借りしたいと思います。

加えて、2013年をひとまずのゴールにした「休眠口座基金」の実現の第一歩を踏んでいきたいと思っています。まずはプロボノリサーチチームを中心として、諸外国の制度を丹念に調査し、6月までに「日本における休眠口座基金企画案」を「『新しい公共』調査会」に提出していきたいと思います。

一方新規事業としては、「無縁社会」を打破するためのコミュニティ創出事業を、「子育て支援マンション」においてモデル化させていこうと思います。「子ども・子育て」を通じて、人々が繋がりあうというメソッドを当事業において確立することで、今後の高齢人口減少社会における新たなセーフティーネットの形を提供できるのではないかと考えています。

高齢化と人口減少の構造的変化によって、我々のセーフティーネットが破壊される前に、新たなセーフティーネットの萌芽を構築していく一年にしていきたいと思います。
それが悲観論かまびすしい日本の中心で、小さな「希望」を生み出していく過程だと信じながら。

----------------------------------------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フ ローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・神奈川県川崎市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

------------------------------------------------------------
posted by 駒崎弘樹 at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業務日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。