2010年12月29日

【書評】「集合知の力、衆愚の罠」

なぜ、素晴らしい成果をあげられる集団と、後から考えると狂ったとしか言いようのない行動を取る集団がいるのだろうか。


その違いに迫るのが、拙著「社会を変えるお金の使い方」も出版してくれている英治出版から出た「集合知の力、衆愚の罠」である。

集合知の力、衆愚の罠――人と組織にとって最もすばらしいことは何か
集合知の力、衆愚の罠――人と組織にとって最もすばらしいことは何かアラン ブリスキン,シェリル エリクソン,ジョン オット,トム キャラナン,上原 裕美子

Amazonで詳しく見る by AZlink


詳細は本書本文に譲るが、冒頭の問いの理由の一つが「確証バイアス」である。

認知科学用語であるこの「確証バイアス」とは、人はあらかじめ持っていた考え(先入観)を補強するように物事を認知していく傾向があることを言う。例えば、「最近の若いやつはどうしようもない」と確信している老人がいるとしよう。彼は多くの若者と町ですれ違うが、その内の一部の若者が電車の中で老人に席を譲らなかったとしよう。老人はその一部の事例を(無意識のうちに)積極的にピックアップし「ほら、やっぱり最近の若者はどうしようもない」と先入観を補強し、ますます「最近の若者はどうしようもない」という思いを強くし、無意識のうちに「どうしようもない若者」の事例を求め、ますます先入観を補強する解釈を行う。

集団はフラットに知性と感性を働かすことで、集合の和以上の成果を残すことができる。しかし、確証バイアスは集団にフラットな知性を働かすことを妨げ、思いこみへといざない、フラットな後世から見ると狂人としか思えない行動へと「普通に」爆走する。

この本を読み、僕は嫌な気持ちになった。
現代を生きる我々日本人こそ、強い確証バイアスによって支えられていまいか?

「日本はダメだ」という。

だから私達は、日々ダメな日本に関する情報ばかりが目に入り、日本はダメだ、という信念を固くする。

そこにある潜在力や先人達が積み上げてきた遺産、治安や教育水準等世界に誇るGDPに換算できない素晴らしさは無視される。それによって、強みを伸ばしていく政策や行動は非現実的だと思われるし、潜在能力を花開かせる行為は絵空事だと断じられる。
そして成長や改善の芽は摘まれ、自己実現的に「日本はダメだ」が達成されていく。

本書の言うとおり、確証バイアスが衆愚への道を走らせるならば、
我々は確実に衆愚へと歩もうとしているのではないか?

「日本はダメだ」と嬉々として呟きながら。


----------------------------------------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フ ローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・神奈川県川崎市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

------------------------------------------------------------
posted by 駒崎弘樹 at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/177142254
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。