2002年05月15日

2002年5月15日

親愛なるDavid Jensenに


今日友人から良い言葉を聞いたよ。彼はイギリスに1年間医療について勉強しに行って帰ってきた同期の友人なんだ。母親が看護婦の彼は、 むこうでは老人ホームや障害者の子供たちの介護をしたりして、多くの経験を積んできたらしいんだよね。
彼と久しぶりに食事をして、その帰り際に彼はこう言ったんだ。

「俺はイギリスで『懸命に生きる』ということを学んだ気がするよ。10メートル歩くのもあんなに苦労する子が、 本当に信じられない程良い笑顔をするんだもんな。」

その「懸命に生きる」という言葉の確からしさに、
僕はちょっと驚いてしまったな。そしてそれと同時に、そんな言葉を吐ける彼を、気恥ずかしいけど本当に誇らしく思ったよ。

どうだい、David。僕はあまり多くのものを
もってはいないけれど、素晴らしい友人にだけは
すごく恵まれているよ。そんな友人たちに、
ぼそっと「ありがとう」って言ってしまいたく
なるね。

そうそう、君にだって本当に、感謝してるんだよ、
兄弟。忘れないでくれよ・・・。

 

【昔の日記(過去blog倉庫)の最新記事】
posted by 駒崎弘樹 at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の日記(過去blog倉庫) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。