2010年11月13日

【大手小町】お宮参りには、まいった

子どもが産まれると、神社でお参りするらしい。内心「めんどくさ」という思いを隠しつつ、両親が孫に会えるせっかくの機会だと思い直し、地元の神社に連れ立った。
 空いているだろう仏滅を狙い撃ちにしたおかげで、神社は閑散としており、スムーズにお参りができた。母はお祓(はら)いをしないことに文句を言っていたが、現実主義の経営者の僕(または単なるケチの僕)は、そこにコストはかけない。

 その後、両家の両親と共にランチ。すっかり油っぽいものが食べられなくなった老父母の姿を見て、なんだか切なくなった。普段はお参りなんてしないけど、こうして両親に会える機会があるのは良いことだなぁ、と伝統文化を見直す。

 そして、お宮参りのクライマックスである、写真屋さんでの撮影に行く。家族そろって、ごついカメラの前に笑顔で整列。これで何事もなくこの行事を終えられる。

 そう思った矢先、撮影をするお姉さんの様子がおかしい。

 「ニッコリしようねぇー。ほらぁーーー。」

 見ると娘が非常に不機嫌そうな顔で、カメラの方を見ようとしない。

 「ほーらー、とぅるるるるる」

 お姉さんは、音の出るおもちゃを駆使しながら、奇声を発して娘の注意を引こうとするが、娘は
「ふん、何が面白いんだ」
と言わんばかりの、ふてくされた態度をとっている。

 「ほら、あっち向け。あっち。」
と僕はたまらず娘の頭をカメラの方に向かせる。

 「ぶぇぇぇぇぇ!!!!!!」
と、娘は必死に抵抗し、不機嫌な顔がみるみる紅潮し、見られるものではなくなった。

 もの言わぬ可愛い新生児などではなく、控えめに見ても不機嫌な朝青龍でしかなかった。

 10分経過してもそのままで、若干態度が緩和し始めたのが20分後。仕方なく、「まだマシ」くらいの瞬間で撮影するが、家族のこわばった笑顔と不機嫌な娘。

 結局、全部で2時間くらいかけて写真撮影が終わり、全員疲弊した。僕の父親は途中で帰ったほどだった。

 家に帰って疲れて揺りかごに乗せると、娘はキャッキャッとこちらに天使のような微笑みを向けている。

 おいこら、娘よ。なぜ本番でそれを出さない?

 今でこれだったら、思春期の反抗期になったらどうなるんだろう・・・。末恐ろしい娘に、そっとタオルケットをかけた。

----------------------------------------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フ ローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島 区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・神奈川県川崎市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

-------------------------------------------------------------
posted by 駒崎弘樹 at 18:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。