2010年10月29日

【大手小町】保育園狂想曲序章


妻の復帰は1年後だが、今のうちに地元の保育園事情を掴んでおこうと、市役所へ足を運んだ。

保育課の窓口の方は若手男性で、こちらの質問に丁寧に答えて下さった。自分が保育園経営者であることは、特に言う必要もないと思ったので、いちパパとしてフンフンと神妙に聞いていた。

東京都に隣接した地元市でも、待機児童問題は相当なものだった。うちは駅前なので、近場の園は激戦区で、更に絶望的なようだった。

「次世代育成推進法の行動計画で、あ、いや、市の計画とかで、保育園の増園計画を作られているかと思いますが、来年度開園予定園などはありますか?」
担当者の方曰く、
「いやぁ、そういうのはないんですよね。」
「え?一園もですか?」
「はい。ただ、既存の公立認可園を民営化したりはしています。」
「なぜ増園しないのでしょうか?」
「財政的なものもありますし、事業者の方も中々園を作りづらいというのもあるのかもしれません・・・。」
「じゃあ僕が造ります。」と喉まで声が出かかったが、抑えた。いかんいかん。今はいちパパである。
「分かりました。最後に、各園の実績を見たいので、第三者評価をお見せ頂けますか?」
第三者評価とは、保育園を外部から評価する仕組みで、その園の質をみるための重要な指標の一つだ。市民に公開が義務付けられている。
若手の担当の方は、何か専門的な質問が来たな、という感じで一瞬戸惑いつつ「ちょっと、上司に聞いてみますね」と奥に相談しに行った。

待機児童問題に挑むNPOの経営者が、待機児童に悩まされそうなんて、笑えないジョークだなぁ、、、なんて妻に呟いていたら、上司らしき人が出てきた。
そして上司は驚くべきことを口走った。(つづく)

----------------------------------------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・神奈川県川崎市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________

posted by 駒崎弘樹 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事で書いた文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167579595
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。