2010年10月24日

【大手小町】父化する脳

娘が生まれてからというもの、僕の青年脳は、徐々に父(ちち)化してきている。
例えば電車の中で、10代後半か20代前半くらいの女性がいたとする。青年脳の僕は「ああ綺麗な人だなぁ」という感想を持っていた。ひょっとしたら「どうやったら偶然を装って話しかけられるだろうか」ということを妄想していたかも知れない。
しかし最近は「ああ、感じのいい娘さんだな。あの子のお父さんも、きっと良い感じに育った彼女を見て、喜んでいるに違いない」と、しみじみ思うようになっている自分がいる。

また更に、以前からこども好きな方ではあったが、街中であう小さな子さえ、心から可愛いと思うようになった。特に女の子の場合、もう声をあげて「かぁわぁいいねぇー」と語りかけたくなる衝動を、抑えるのに必死だ。
自分の子どもが生まれてからというもの、人の子も可愛くなる、というのはどういう相乗効果だろうか。

さらにニュースで若い女性やこどもが犠牲になった事件が報道されると、何ともやりきれない思いに、強く胸を鷲掴みにされるようになった。この前も変なおっさんに刺されてなくなった二十代の女性についてキャスターが淡々と報告しているのを聴いて、「その女性のお父さんは、今どんな思いだろう」と想像してしまい、不覚にも涙してしまった

極めつけは結婚式である。これまでは単に美味しいご飯とお酒がたらふく飲める楽しい会であったが、もう切ないやら寂しいやらで、正常心ではいられない。両親への手紙を花嫁が読むクライマックスには、本当の父親に負けずに号泣している自分がいる。

このまま脳の父化が進行していくと、自分はどうなってしまうのだろうか。
無性にちゃぶ台をひっくり返したり、ネクタイを額に巻いたりしたくなったらどうしよう。
父化する脳の、行く末はいかに・・・!

----------------------------------------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・神奈川県川崎市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________

posted by 駒崎弘樹 at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事で書いた文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166949012
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。