2010年10月18日

【大手小町】「経営者が来ない職場」のメリット

出産直前からほとんど出社しなくなり、10月に入って正式に育休に入った。育休といっても、法的な育児休業は従業員のもので、経営者には法的な規定があるわけではない。

実際に、育休を取る経営者は日本広しといえども、ほとんどいない。なので、僕は「経営者の育休」という未開拓な土地に、新しい地図を描いていかないといけないのだった。

普通にお勤めの方と違い、経営における全責任は、経営者たる僕が担っている。命を預かる仕事でもあるので、その責任は計り知れない。80人程度の中小企業だが、従業員の生活もかかっている。こうした状況において、会社と全く音信不通になる、というのは現実的ではない。

そこで、自分の仕事の90%を部下達に割り振り、重要な意思決定のみ在宅で行う、という手法を試してみた。9つあった定例会議への参加を3つに減らし、しかも在宅からSkypeという電話会議ソフトを立ち上げて必要な部分だけ遠隔部分参加。

メールも、今までは関連するプロジェクトのメーリングリストを全て見ていたが、個人宛のもののみ見ることにして、実際に返すのは更にそのうちの幾つか、というようにした。

当初は自分がいなくて回るか、が大変不安であった。だが、2週間近くたっても何も変わらず職場は機能している。そしてふと考えた。とすると、今までの自分の90%の仕事は、何だったのだろうか、と。

おそらく「過剰管理」であったのだろう。もっと社員一人一人を信頼して、もっと任せていたら、自分は本当に重要なことのみに集中できていたのかもしれない。
それで失っていた機会は如何ほどだろうか。計り知れない。

更に嬉しい成果が出始めていた。
在宅から会議に部分参加していた時に、これまで僕の指示を仰いで動いていた管理職達が、
「とりあえず、このトラブルに関しては、これとこれとこういう対策を既に打っていますので、ご安心を」
と、何も言われなくても動いていてくれていた。
つまり、僕がいないことで、より責任感を持ち、成長してくれていたのだった。

これは良いことづくめではなかろうか・・・。良いぞ、経営者の育休。これはイケるかも。

そんな風にルンルンしていた矢先に、職場を大きく揺さぶるようなことが起こったのだった。

----------------------------------------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・神奈川県川崎市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________
posted by 駒崎弘樹 at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。