2010年10月06日

【大手小町】夜泣き攻防戦(前半戦)

出産時の出血で、妻は貧血。その他マイナートラブルが併発し、グロッキー状態。「明日のジョー」で例えたら、最終ラウンドで相手のアッパーカットをもらってしまい、
ダウンしないまでもクリンチで逃げて、ゴングで救われた、みたいな状態である。
しかし出産までは僕は見ているだけの丹下段平に過ぎなかったが、子どもが産まれたら相方として参加できる。それはむしろボクシングから、プロレスのタッグマッチに変わったようなものだった。

相方を休ませるために、僕は夜泣き当番を引き受け、リングに上った。

まずは寝かしつけ。なぜか夜の方が活動的な娘。手足をバタバタさせて「眠くない」とアピールしている。そこは基本に忠実にミルクで攻める。ごきゅごきゅごきゅ。
よしよし、効いてるぞ。飲んでいる途中に、やっこさんの目が虚ろになってくる。
夢の世界にレッツゴーだ。
縦だっこをし、げっぷを出させ、布団に置く。よし、寝てる。

これで僕も寝られるや。よし。目を閉じて5分後。
「フガフガフガフガ」
何やらアピールし始めた。

きっと寝言だろう。目をつむったまま、やりすごそうとする。
今度はもうちょっと大きな声で
「フンガフンガフンガ」
と声をたてる。

仰向けで寝ていた僕であったが、ちらっと娘の方に顔を向けると、僕の方を凝視している。
慌てて目をそらす。もう一度そーっと見てみると、やはり僕の方を向いてフガフガ言っている。おかしい、生後数日は視力も弱く、40センチ圏内くらいのものしか見えていないはず。なのにあの目ヂカラはなんだ。

「ぴぎゃぁぴぎゃぁ!!ぴぎゃぁあああああ!」
ついに泣き始めた。

なぜ泣く、娘よ。あんだけ旨そうに僕からミルクを飲んだばかりじゃないか。
これ以上何を求めると言うんだい。
そんな僕のひとり言も関係なく、全身をローリングさせて何かを絶叫して訴える50センチの娘と僕は、真っ暗の6畳間に対峙した。(続く)

----------------------------------------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・神奈川県川崎市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________
posted by 駒崎弘樹 at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事で書いた文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。