2010年09月25日

オールナイト陣痛

大手小町コラムを転載。


産科医の先生が器具を持って入ってきた。
「ご主人様はちょっと出て下さいね。」と助産師さん。

しばらく部屋の外で待ち、戻ってみると痛みで唸っていた妻が、先ほどとは打って変わって嘘のように大人しい。
無痛分娩用の部分麻酔を入れたのだった。
「これで、子宮口が開くのを待ちましょう。」
先生はそう言って、出て行ったのだった。

妻は横たわり、僕はベッドの脇でその瞬間を待つことに
なったのだが、時は深夜。
どうにも眠い。

妻はすやすやと寝ている。僕は椅子に腰かけ腕を組んで寝るが、
うまく寝れない。学生時代、あんなに座りながら眠れたのに!

椅子に座りながら、上半身をベッドに投げだしてみて寝ようとするが、
どうにも腰が痛い。眠いけど、寝れない。傍にはいてあげたい。
しかし・・・、と格闘している間に、変な姿勢でうつらうつらして、
すぐに目を覚ます、ということを繰り返した。

「子宮口開き待ち」はそのまま朝まで持ち越し、疲労も極限に来た
9時を過ぎ、10時を過ぎ、11時になろうとした時に、助産師さんが言う。

「そろそろ分娩室に移動しましょう。」

来た、ついに来た。

割烹着みたいな手術服を着て妻の枕元に立ち、頭を押さえながら、「大丈夫、大丈夫だよ」と呟く。
助産師さんの「息を吸ってぇーーー、はいてぇーーー」という掛け声に
合わせて、産むわけでもない僕も息を吸って、吐く。

麻酔が掛かっているのでひどく痛がるわけではないが、それでももの凄い
力を使って懸命にいきんでいる妻を見ていると、涙が出てきた
何もできない自分。

そんな時に助産師さんが顔を曇らす。
「ちょっと斜めになっちゃってるねぇ・・・」

それ、どういうこと!?ちゃんと説明してよ。そんなセリフが喉まで出かかったが、
懸命に処置している助産師さんにそうも言えない。
ひとりでオタオタしながら、意味なく一緒にいきんでいると、隣を白い服を着たヨーダみたいなおじいちゃんが、ぶつぶつ言いながら通り過ぎて行く。

「何だよ、関係ない事務の人とか入ってくるなよ!」と横目で憤りつつ、声がけしないといけないので「大丈夫、もうちょっと!」と妻に叫ぶ。
気付くとさっきのヨーダが、手袋して巨大な銀色のスプーンみたいな器具を持って、眼前に現れた。

胸には「院長」のネームプレート。

えぇ、院長だったの!?

と、その瞬間、ヨーダ院長は銀色の巨大スプーンを、何やらぶつぶつ言いながら妻のお腹に突っ込んだったのだ。



----------------------------------------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市・神奈川県川崎市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________
posted by 駒崎弘樹 at 15:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
駒崎家も無痛分娩だったんですか?実は私も無痛分娩でした(麻酔切れて散々な目にあいましたが…)。
銀色の巨大スプーンは、きっと鉗子ですよね?鉗子を使っての出産、新ちゃんも頭引っ張られてきっと大変だったことでしょう(:_;)
私は鉗子を使いたくなくて(顔にあざができると言われたので)、「絶対いやなので、なにか方法ありませんか?」と聞いて、分娩台の上に乗ったままスクワットしました(笑)
出産ってほんといろんなストーリーがありますよね。
Posted by 水○氏。 at 2010年09月25日 19:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。