2010年07月08日

【転送歓迎】待機児童問題解決のためのシンポジウム開催


政権キーマン、厚労省の方もお呼びして、未来に向けた議論を行います。


先月政権が発表した「子ども・子育て新システム基本制度要綱」。これまで極めて限定的であった小規模保育サービスが、正式に位置づけられることになました。簡単に言うと「どこでも保育園」を可能にする可能性が指し示めされたのです。
これは待機児童問題で悩む地方自治体、働く親御さんにとって、福音となる可能性があります。

変革のとば口まで来ている今、素晴らしい制度を創るためにも、業界を越境して知恵を持ち寄り、あるべき制度像を描かなくてはなりません。

当シンポジウムが、こうした場になることを願っています。

なお、当日はTwitter・Ustream中継も行いますので、遠隔の方々もぜひとも御参加下さい。


●7月31日 シンポジウム告知文
━━━━━━━━━[転送・転載歓迎]━━━━━━━━━
● 「家庭的保育は待機児童問題を解決しうるか?」 ●
シンポジウム 開催のご案内
--------------------------------------------------------

★これまでの保育政策から大きく踏み込んだ、内閣府「子ども・子育て新システム基本制度案要綱」http://bit.ly/9otFd0
★そこで提示された「家庭的保育/小規模保育サービス」は保育の新たな形を提示するとともに、待機児童解消の大きな力を秘めている
★今後どのような形で家庭的保育は制度化していくのか?真に使いやすい仕組みができ、地域のNPOや子育てグループの参入が可能になるのか?
★政治家・厚労省政策担当者、現場NPO、デベロッパー、それぞれの立場から待機児童解消の可能性を語り、英知を生み出す!

-------------------------------------------------------------
2010年7月31日(土)13:30〜16:00@海洋船舶ビル10階 虎ノ門(13時開場)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼開催概要:

■日時:2010年7月31日(土) 13時30分〜16時00分 (13時開場)

■場所:海洋船舶ビル10階 / 地下鉄「虎ノ門駅」4番出口より 徒歩2分
住所:港区虎ノ門1-15-16 海洋船舶ビル10階

駐車場のご用意はございませんので、お車での来場はご遠慮ください。

※日本財団ビルと間違えやすいので、お気をつけ下さい!日本財団ビルと海洋船舶ビルは違います!

■対象:
・待機児童問題を解決したいとお考えの皆様
・行政職員、議員、研究者、不動産関係者
・家庭的保育を多角的に検討し、あるべき家庭的保育制度のビジョンを描くことにご興味のある方

■参加費:無料

■協力:日本財団CANPANプロジェクト

▼プログラム:

@ご挨拶
<13:30〜13:50>:内閣府政務官 泉健太 氏 「子ども・子育てビジョンが拓く保育の未来」

Aプレゼンテーション 「おうち保育園の挑戦」
<13:50〜14:05>:NPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹

Bパネルディスカッション「家庭的保育は待機児童問題を解決しうるか?」
<14:05〜15:05>
★コーディネーター NPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹

・パネリスト
★「待機児童解消政策の旗振り役」
今里譲 氏:厚生労働省 雇用均等・児童家庭局 保育課長

★「日本最多の待機児童集中地区の打ち出す新たな政策とは」
山本繁昭 氏:横浜市こども青少年局 子育て支援部長 

★「人口急増区で待機児童問題と闘う!」
海老澤孝史 氏:江東区こども未来部 部長 

★「日本最大の大家さんとして、空き家をミニ保育園に提供!」
前田正人 氏:UR都市機構 住宅経営部ウェルフェア業務支援チーム チームリーダー

★「日本屈指の子育て支援政策の専門家!」
松田茂樹 氏:第一生命研究所 第一生命経済研究所 ライフデザイン研究本部

★「15年間家庭的保育を行い続けた現場の実践者!」
西内久美子 氏:NPO法人日本チャイルドマインダー協会理事長

C会場からの質疑応答
<15:05〜15:25>
 会場から質問、疑問をぶつけよう!Twitterからの質問も受け付けます!

D懇親・意見交換会
<15:25〜15:55>
 待機児童問題解決を志す人達とのネットワーキングの場。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●お申込みはこちらより!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
申込みフォーム
http://kokucheese.com/event/entry/3446/

※本フォームで頂戴する個人情報につきましては、当該イベントの出席
処理、また出欠の確認のため利用させて頂きます。なお、ご本人の
個人情報を、ご本人の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・
提供することは、一切ございません(法令等により開示を求められた
場合を除く)


****************************************************


----------------------------------------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________
posted by 駒崎弘樹 at 14:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 宣伝・イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155778295
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

待機児童問題解決のためのシンポジウム開催
Excerpt: ワーキングマザースタイルのスタッフも何人かお世話になっている、病児保育のNPO法人フローレンス代表 駒崎弘樹さんが、厚労省の方もお招きしての、本格的な待機児童問題解決のためのシンポジウムを7月31日の..
Weblog: ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]
Tracked: 2010-07-22 22:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。