2010年07月02日

経済産業省の広報誌に取り上げて頂きました


フローレンスの柴崎コウ、坂井隊員が良い顔しております。

2010y07m02d_080734989.jpg


●経産省広報誌「METI Journal」電子版
http://bit.ly/a4cO1w

省庁の広報誌って、言っちゃ悪いけど、どなたが見るのだろうか、、、と思うほどデザイン等がおいてけぼり、というイメージでしたが、読んでみて心を入れ替えました。見やすいし、分かりやすい。おしゃれ。

聞いてみると、経産省は自分のところの外郭団体ではなく、民間企業に発注する改革を行ったそうです。なるほど、拍手。

まだまだ霞ヶ関でも知名度が低い「ソーシャルビジネス」が、こうした機会によって官僚の皆さん達にもっと知られれば。
さすれば「国が何でもかんでも全部やらないと・・・」と、という強迫観念をかき消せるのでは、と。
それはつまり日本の財政再建にも繋がっていこうというものです。

経産省さんが「本気で」ソーシャルビジネス振興に取り組んで下さることを、心より期待しております。

----------------------------------------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________
posted by 駒崎弘樹 at 08:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155141543
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。