2010年06月09日

駒崎、ニコ生初出演します


今、もっともラディカルなメディア。

それはニコニコ動画でしょう。

昔恵比寿でルームシェアしていた時に、ルームメイトに
「お前今仕事何やってんの?」って聞いたら
「うん、2ちゃんねる創った『ひろゆき』さんと、動画に
コメントつけて突っこめる、っていうWEBサービス始めようと
してる。僕はそのシステム作ってんだよね。」
と言ってました。

「何それ、おもろいの?」とルームメイトのパソコンを覗くと、
普通の動画に、次から次にコメントが左から右にかぶさってきました。
すると、何てことは無い動画なのに、ツッコミコメントがあることで、
爆笑動画に変わったりするのです。
友達とドラマ見ながら「いやー、今のセリフは無いだろ」と食っちゃべって
楽しい、みたいなのが、そのまま再現されるわけです。

「これ、おもろいな!なんつーサービスなの?」

とルームメイトに聞くと

「うん、ニコニコ動画っていうんだ。見てるとニコニコするでしょ。」

と彼は笑って言いました。そのまんまじゃねえか、と言って僕はリビングを
出て自分の部屋に帰っていったのですが、あれから数年で、既に次世代巨大
メディアになってしまったのが驚きです。

そんなニコニコ動画の中の一サービスであるニコニコ生放送に、
16日20時〜初出演します。
「新しい公共」について語れる場だと思ったからです。

最近体験した出来事から、自分なりに色々と考えました。
僕たちはどうしたらマスメディアだけを鵜呑みにせず、自ら思考し、
自ら関与する民主主義を成り立たせられるのか、ということを。

僕はそれを「対話」に見出したいと思っています。

絶え間ない、同時多発的で双方向的な対話。この対話の中で、簡単な二者択一や
批判の「祭り」を解体し、当事者性を獲得、あるいは回復していくような動きを
生み出せまいか、と考えています。
そこかしこで個人が何らかの議論に参加し、学びを得ている、というような風景が
もっと一般化すれば、我々の民主主義はもう一歩前に進めるのではなかろうか。
それをまずは自分自身でやってみて、体感してみよう。ということなんです。

講演やシンポジウム等のリアルな場での対話。
そしてそれに加えてインターネット、特にTwitterやニコ生、Ustreamなどの
ソーシャルメディアの上での対話。
自分自身を無数の対話の場に投げ入れてみて、そこで対話の何たるかを
頭でなく毛穴で感じ、そこから如何にして日本全国で対話の波紋を起こせるか、
絵図を描いてみたいと思います。

そんなわけで、恐る恐るニコ生出てみますので、良かったらコメント張り付けて
下さい。ニコニコしながら、民主主義の土台となる対話を生み出せたら、と
思います。

-----------以下案内文-----------

2010年6月16日(水)
場所:毎日新聞社@竹橋
19時半集合。20:00放送開始〜21:30(予定)

週刊エコノミスト×ニコニコ生放送(公式番組)
「日本の未来を担う社会起業家たち ー「新しい公共」のその先へ」
http://live.nicovideo.jp/


司会: 西田亮介

出演
NPO法人フローレンス http://www.florence.or.jp/
駒崎弘樹様
Waku-Work  http://www.wakuwork.jp/ww/HOME.html
山田貴子様
(ETIC.様経由など、複数のルートで後数名調整中)

今、「社会起業家」が注目を集めている。
「働きながら、世界を変える」 それはこれまで、日本に存在した
働き方、社会貢献活動のあり方として最もラディカルなあり方かもしれない。
その革新性については、とりわけ、鳩山前内閣の「新しい公共」でも注目を集め、
次の菅内閣の「最小不幸社会」という考え方にも引き継がれている。
しかしながら、実際に彼らがなにを考え、どのように活動しているのか、
また、社会起業家をとりまく政治的文脈はどのようになっているのかということに対する
理解は未だ十分とはいえない。このたび、日本を代表する社会起業家から、
若手の方に集まっていただき、存分に議論する。
日本を変える、新しい担い手たちの熱い議論を、お楽しみに!



----------------------------------------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________
posted by 駒崎弘樹 at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。