2010年05月16日

街頭募金に初挑戦

やってみました。


(声がなぜか録音できず・・・。あんなに張り上げたのに・・・涙)

ことの起こりは、あしなが育英基金のボランティアをやっていたインターン生が「街頭募金をやりたい」と言いだしたからでした。

僕は当初、「いや、そんなんやっても集まらんでしょ。」と懐疑的だったのですが、実際にあしながで募金を集めていたインターン生の話を聞くと、やりようによっては、かなり多くの額を集められる、と言います。

彼は自身が親を亡くし、あしながに助けられ、そこからあしながのボランティアで募金を集め、後輩たちを助けている心に芯のある男。そんな彼が嘘を言う訳がありません。ひとり親の寄付会員(サポート隊員)が不足し、ひとり親の待機が出てしまっている現状を打破するには、しのご言わずにやれることはやらないといけない、と思い、代表の僕自ら実践してみることにしました。

当初は非番の保育スタッフと共にやるつもりでしたが、当日は病児保育の繁忙日で、1人しか参加できず、僕と保育スタッフ1人+インターン生で新宿駅前に立ちました。

正直、当初はもの凄い恥ずかしかったわけです。包み隠さず言うなら「いやぁ、俺、全国で講演したりしてる身なんだけどさ・・・」という驕り高ぶった自意識を持っており、それがエプロンをつけて募金箱を抱える、という行為を一瞬躊躇させたことも白状しなくてはいけません。

しかも勇気を出して声を出しても、誰も注目してくれません。笑顔で声をかけても、迷惑そうに眼をそむけられたり、あからさまに嫌がられたり、、、。開始5分で心折れそうになりました。

と、そこに渋谷区民主党区議会議員の鈴木けんぽうさんが現れ、「はい、どうぞ」と募金を入れて下さったのです。
たった一度、議員勉強会で講師をしただけの自分を気にかけ、渋谷から応援しに来てくれたのでした。

更にはTwitterでの僕のつぶやきを見て、見知らぬ方がわざわざ募金を入れて下さりに来たり、以前本を出させて頂いた英治出版の営業の方が、わざわざ外回りの最中に寄って下さったり、と人情を感じずにはいられない出来事が相次ぎました。

徐々に道行く人の中にも募金して下さる方が現れ始め、チラシも受け取ってくれるようになってきました。

わずか2時間程度でしたが、やった後「またやろう」と躊躇なく心に決めました。

はっきり言って、素晴らしい体験でした。何より、初心に戻れました。先生と呼ばれることが増えるに従って、無意識のうちに蓄積していた「自分って偉いんじゃないか」という途方もない勘違いを、全て洗い流してくれました。小銭のために、しかも自分のためのお金ではないものに、最敬礼する。頭ではなく、体一杯を使って人々に訴えかけて行く。こうした行為が、己を謙虚にさせ、そして「ひとり親の方々を支援したい」という思いを自分に再確認させ、より強める作用を果たしたのです。

更には一緒に募金を行ったインターン生や保育スタッフとの心理的距離感も近くなりました。今風に言えば、チームビルディングにもプラスに作用したのです。戦友のような絆が短時間で構築できました。

今後、社員全員でこの街頭募金活動に取り組んでいこうと思います。そしてひとり親支援を地味に、しかし確実に前に進めて行きたいと思います。募金にご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。


----------------------------------------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

我が子が待機児童になってしまって困っている方は、
「おうち保育園」でお預かりができるかも知れません。
http://www.ouchi-hoikuen.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________
posted by 駒崎弘樹 at 17:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | 業務日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

はぎゅぅぅぅぅぅぅっ!!!!
お姉たまに先っぽツンツンされて、どっぴゅうミルク発射!!!!

お金もらえるしタダでできるし、調子乗ってやりまくってたら
いつの間にかMに調-教されとったわ!!笑
http://bem.chories.net/s-dcxub/
Posted by ンギモチィィィィッ!!! at 2010年05月19日 06:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。