2010年03月30日

【書評】なぜこの国の学力は世界一なのか?


ある小国が学力世界一ということで注目を集めています。


それは・・・どこでしょう?









そう、フィンランドですね。

フィンランド、フィンランド、うーん、フィンランドってどこよ、と普通の人はなるかも知れません。日本では「ムーミン」の作者が生まれた国、つまりムーミンの故郷、ということでちょっと知られている、というくらいでしょうか。

このフィンランドは、経済協力開発機構(OECD)が世界の15歳児を対象に2000年から3年ごとにやっている学力到達度調査(PISA)で2000年と2003年と2回連続で世界一と評価されました。


気になる、どうやって??というところが、この本に書いてあります。





どうやって、のところは本書にゆずるとして、僕が感動したのが、フィンランドのこの教育改革を成し遂げたのが、若干29歳で教育大臣(日本で言ったら文部科学大臣)に就任したオッリペッカ・ヘイノネン氏だったこと。

29歳で大臣になる、ってどういうこと?と思ったが、その時の首相のアボ氏も35歳だったから更に驚き。

フィンランドすごいな、と思ったのだが、実は1990年当時フィンランド経済は壊滅的で、失業率20%の状態だったと言います。(日本は不景気な10年2月現在でさえ4.9%

そんな未曾有の国難の時期に、フィンランド国民は優秀な若手に国運を任せたのでした。そして若干29歳のヘイノネン大臣は「教育こそ未来の投資だ」ということで、フィンランドの教育改革を始めたのでした。

小国フィンランドの資源は人だ。人に投資し、彼らが産業を興し、そして経済を興隆させるのだ、と。その後携帯電話トップシェアのノキアを初めとしたIT産業の急成長で経済も回復していったのでした。

どんな改革だったんだろう。たくさんのお金をぶっこんでエリート教育でもしたのかな、と思ったら、その真逆。

「落ちこぼれを出さない」という平等の教育を徹底させたのでした。
そのために学校は少人数制を取り、しかも教師には修士号を義務付けました。
中央からの学習指導要領は3分の1に減らし、各校の自主性に任せることにしたのです。

(その他注目すべきフィンランドの社会インフラなどあるのですが、そこら辺は是非本書をご覧ください。)


ここで皆さんお気づきでしょうが、日本は逆を行っていますね。「ゆとり教育」バッシング、ということで授業時間数を増やし、従来型の詰め込みに逆戻りしていこうとしています。

ちなみに日本とフィンランドの授業時間数の差ですが

 ◆年間平均標準授業時間の比較

         日本   フィンランド

 7〜8歳   709時間  530時間

 9〜11   761    673

 12〜14  875    815

(注)「図表でみる教育 OECDインディケータ(2004年版)」から。このデータは02年現在


ということで、フィンランドの方が少ないんですね。
授業時間数を増やすことと学力、どう繋がるのか、という検証のないまま、文部科学行政が進んでいっていたのでははないでしょうか。

しかし一つの救いは「高校無償化」の流れ。
これはフィンランドと同様の「教育の平等化」に資する政策です。そしてそれは底上げ効果によって全体学力の向上に資するでしょう。しかし悲しむべきかな、高校無償化も子ども手当同様にバラマキの非難を浴びています。

しかしそうでしょうか?ちなみに教育に力を入れているフィンランド(もちろん高校は無償。大学すら無償)は教育にばら撒いている、ということになりますが、彼らと我々の競争力を比較してみましょう。

IMD世界国別競争力ランキング 2002
国際競争力ランキング.gif


はい、もうお分かりですね。バラマキと投資の違いは、それが国民の幸福と経済の成長に繋がるか否かによって判断されるべきでしょう。とするならば、教育にお金をかけることは、バラマキではないのです。

というわけで、先日話した「保育は費用でなく投資です」に引き続き、もちろん「教育は明日への投資です」ということになるのでした。

以上!


「わたしたちは教育の機会の平等がなければ、教育の質の向上は不可能だと考えています。平等を保障する制度は、フィンランドの教育制度の礎となるもっとも大切な原則です。質と機会の平等は矛盾するものではなく、片方が片方を可能にするものなのです」 −オッリペッカ・ヘイノネン



----------------------------------------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________
posted by 駒崎弘樹 at 23:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高校無償化賛成です。学びたいひとが学べることは貧困の連鎖をしない国につながると思います。学歴社会のが本当に生産性の高い国を作ったのか、ゆとり教育は失敗だったのかの検証を国がしっかり行った上でなければかつてのような学歴社会に戻すべきではないと思います。学歴と生産性や職能は一致するとは言えないですし、仮に収入が上がったとしてもイコール幸福とも限りません。かつてのような年功序列もないリスキーな学歴社会に私は戻したくありません。私は、賃金にかかわらず国民一人一人が役割をもって生き甲斐を感じられる国に暮らしたい。そんな国づくりを目指す国民を育てる教育を施すプランを持つ政権に賛同したいと思います。
Posted by おおわき at 2010年03月31日 01:32
私は十数年前,フィンランドで教育を受けておりました.このブログを読んで当時を振り返ってみると,一人一人の生徒に目の行き届いた贅沢な指導だったなと実感します.
さて,高校無償化の問題ですが,学ぶ意欲のある人が無償で学べるようにする必要こそあれ,とりあえず高校に進学する者が多い昨今の高校において全てを無償化する必要はないのではと感じています.
教育は明日への投資であるからこそ,どのように投資すべきか,まだまだ議論の余地がある為,ある種のバラマキと批判されているのではないでしょうか.
Posted by neo_nomad1986 at 2010年03月31日 19:46
高校無償化法案の対象から朝鮮学校を外すことに、祖国が北朝鮮である社民党の福島瑞穂は思ったとおり反対している。
朝鮮学校の教育は日本の文部科学省の指導要領に基づいておらず、北朝鮮の指導に基づいて行われており、明らかに北朝鮮の学校である。
彼女の政策は、夫婦別姓、外国人参政権など、およそ日本人なら到底考えられない政策であるのが大きな特徴である。
社民党は見かけは日本の政党であるが、内実は北朝鮮の政党である。
伝統的に自発的に民主党と北朝鮮の機関紙であることを標榜している新聞(朝日)もある。
高校無償化は民主党の得意技である人のカネ(税金)ばら撒きによる集票策の一環。
Posted by 腐敗していた民主党 at 2010年03月31日 20:53
>おおわきさん

同感です。コメントありがとうございました!

>neo_nomad1986 さん

フィンランドでの教育を受けられたとのこと、羨ましいですね。コメントに対してですが、僕は「学ぶ意欲」のスイッチを押す機会を、広範囲の子ども達に提供したいと思います。
僕は中学まで勉強は退屈だと思っていましたが、高校2年になって地理の先生に小論文を教えてもらって、「学ぶ意欲」を持ち始めました。そして今でも毎日本を読んで勉強していて、それを楽しく思っています。
人間はいつでも「学ぶ意欲」を持てる。そんな風に思っています。
Posted by 駒崎弘樹 at 2010年03月31日 21:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145171135
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。