2010年03月20日

世界最大の寄付エンターテイメントサイトが日本上陸


その名も Just Giving
https://justgiving.jp


何がすごいか、というと、僕なりの解釈で分かりやすく言うと「リアルな元気玉」が打てるようになる、ということ。

全然分かりやすくない?(笑)
そうですね、詳しく言いましょう。
例えばあなたがフローレンスの一人親支援に感動してくれて、1万円寄付するとする。それはすごく助かることで、フローレンスは貴方に非常に感謝するでしょう。でも、あなたが出せるお金は1万円だけです。

言いかえると、あなたは1万円という「かめはめ波」を1発打てるわけです。

一方、このJust Givingを使うとどうなるか。

あなた自身は「かめはめ波」しか打てないが、あなたが「オラに力を貸してくれ」とお願いすることで、みんなが寄付をしてくれ、当初のかめはめ波以上の規模になるのです。つまり元気玉です。

皆の大好きなドラゴンボールの主人公の悟空は、「オラに力を貸してくれ!」と叫ぶだけで、地球上の生き物から「気」を集められますが、あなたはサイヤ人ではないので、叫んだだけでは皆は乗ってきてくれません。

そこで、あなたの「やる気」を見せることで理解してもらい、共感を得るのです。「やる気」の見える化。それが挑戦です。

例えば、新宿からお台場まで走る。週1しか走っていないあなたにとっては、かなりきつい挑戦です。あなたのお友達はあなたを応援したくなります。24時間テレビで間寛平が走っているのを見て、「何の意味があるんだろう」と思いつつも、目の前を通ったら、頑張れ!!と応援してしまいたくなるように。


あなたは「新宿からお台場まで走るから、オラに力を貸してくれ!」と訴えます。そしてあなたを応援したいあなたの彼女やおかん、あるいはサイトを通りがかった他人が、「じゃあ100円寄付するわ」とあなたの呼びかけにこたえてくれるのです。

そうしてあなた1人では1万円しか出せなかったのだけれど、あなたが呼びかけることでそれが5万円になり、10万円になって、フローレンスの一人親支援に寄付されていくのです。

あなたは寄付して気持ち良いばかりではなく、メリットがある。そう「言ったからにはやんなくちゃいけない」というメリットです。

例えば正月に「今年こそTOEIC800点を取る」とか目標立てますね。でもほとんど達成できない、あるいは2月の時点では自分がそんな目標を立てたことすら忘れてしまう。しかし、ネットで「TOEIC800点取る」と宣言し、なおかつ友人からお金まで出してもらったら、「やーめた」というのはなかなか難しい。そう、やらなきゃいけない立場に自分を追い込めるわけです。


そんな寄付を通したエンターテイメント、あるいはエンターテイメントを通じた寄付というスタイルが、Just Givingによって可能になるのです。

貴方の身近な挑戦が社会を変える。そんな経験をしてみては如何でしょうか。

●Just Giving
https://justgiving.jp

----------------------------------------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________
posted by 駒崎弘樹 at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。