2010年03月14日

寄付税制改革に関する熱いシンポジウムの告知協力

もう一歩で税額控除、というところまで来ている寄付税制。

NPO法の生みの親にして、希代のロビイストの松原さんが仕掛けます。ご興味ある方は、是非ぜひ。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         シーズ月例活動報告会2010年3月

     対談:金子郁容氏×大島敦 内閣府副大臣×松原明
     「新しい公共」はNPOに何を期待しているのか?

         2010年3月19日(金)19:30−21:00
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      【今、「新しい公共」が注目を集めています】

鳩山首相は所信表明演説や施政方針演説で、人と人が支え合い、役に立ち合う
「新しい公共」の概念を提示しました。
官だけでなく、市民参加により市民やNPOが公共を担うような「新しい公共」の
中心的な担い手はNPOだと述べました。

政府は1月27日に「『新しい公共』円卓会議」の初会合を開催。翌28日には、
民主党が「『新しい公共』をめざした市民と民主党の政策形成プロジェクト」を開始。
2月2日には、政府税制調査会で市民公益税制プロジェクト・チームが始動しました。

参考ニュース「政府の「新しい公共」円卓会議が発足」
http://www.npoweb.jp/modules/news1/article.php?storyid=3240

参考ニュース「民主党、NPOと定期的な意見交換で政策形成」
http://www.npoweb.jp/modules/news1/article.php?storyid=3242

参考ニュース「市民公益税制プロジェクトチーム(PT)が発足」
http://www.npoweb.jp/modules/news1/article.php?storyid=3244

今、「新しい公共」を実現するための動きが急速に高まっています。

そして、その重要な論点の一つが、NPO税制や寄付税制の改正です。

「新しい公共」とは何なのか? NPOに期待される役割とは?
政府のNPO政策の方向性は?NPOが発展する税制度のあり方は?

税制調査会のメンバーとして、昨年の認定NPO法人制度改正に
ご尽力いただき、現在も市民公益税制PTにてご活躍されている
大島敦 内閣府副大臣と、長年市民セクターを牽引し、
「新しい公共」円卓会議の座長に就任した金子郁容氏をお招きし、
シーズの松原明が対談します。


■対談 金子郁容氏×大島敦内閣府副大臣×松原明■
金子郁容氏
(『新しい公共』円卓会議 座長、慶應義塾大学政策・メディア研究科教授)
大島敦 内閣府副大臣
(衆議院議員・政府税制調査会/市民公益税制プロジェクトチーム メンバー)
松原 明(シーズ 事務局長)

※政治状況により、内容を変更する場合もございます。

■日時■
2010年3月19日(金)19:30〜21:00

■会場■
東京ボランティア・市民活動センター A・B会議室
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
電話: 03-3235-1171 (代表)
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

■参加費■
2000円(当日会場にてお支払いください)

■定員■
80名(事前申込制・先着順)
※まだ、お席をご用意できます!

※今話題の「Twitter(ツイッター)」でも実況中継予定!
遠方の方も、ぜひ議論にご参加ください!!
【シーズのアカウントはこちら!】⇒ http://twitter.com/NPOWEB

■参加申し込み■
下記をご明記の上、
件名を「『新しい公共』はNPOに何を期待しているのか?」
としていただき、メールでシーズ事務局
E-Mail: npoweb@abelia.ocn.ne.jp
までお申し込み下さい。本メールへの返信でも可能です。
ファックスやお電話でもお申し込みいただけます。

ご参加いただけない場合のみ、ご連絡いたします。
-----------------------------------------
「『新しい公共』はNPOに何を期待しているのか?」参加申込書
お氏名(ふりがな):
ご所属(任意):
ご連絡先:ご自宅・ご所属先(どちらかお選びください)
郵便番号・住所:〒
電話番号:
FAX番号:
メールアドレス:
シーズのメールマガジン配信(月2回):
希望する・希望しない・配信済み(どれかお選びください)
ご意見・ご質問記入欄:

□当日ご欠席のためご意見・ご質問のみの方はチェックを入れてください
----------------------------------------------
※ご欠席の場合も、ご意見・ご質問をお寄せください。
当日の議論にできるだけ反映させていただきます。ぜひお送りください。

*シーズの年次総会を同日、同会場にて18時半〜19時10分行います。

■お申込み、お問い合わせ先■
NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会 担当:鈴木・関口
TEL:03−5292−5471  FAX:03−5292−5472
e-mail: npoweb@abelia.ocn.ne.jp



----------------------------------------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________
posted by 駒崎弘樹 at 20:41 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シーズの松原です。駒崎さん。応援ありがとう。19日は、事業型NPOへの支援税制や、社会企業法人の在り方などもディスカッションできればと思っています。駒崎さんにも、いろいろ教えていただきたいことがありますので、今後もよろしくお願いします。
Posted by 松原明 at 2010年03月16日 01:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。