2010年02月25日

参議院に参考人招致されました


吊るしあげをくらいました、

ということでは全然なく、「少子高齢化・共生社会に関する調査会」というところで、私の従来の主張である「国民保育券」と「認可保育園改革」、「寄付税制改革」についてお話しさせて頂きました。

http://bit.ly/aWQntF


以下、参議院雑感。

・PC持ち込み禁止なのは残念。参考人は別に良いが、議員の方々は単にプレゼンを聞くだけでなく、聞きながらメモをPCで取ったり、ネットで調べたりしながら、自分のデータベースを作っていけば、もっと生産的に仕事ができるのに、ともったいない気がしました。

・自民党の議員の方の欠席が目立ちました。調査会って、任意なのかな。一応仕事のうちの一部なのだと思うのだけど・・・。

・僕のプレゼンの時ではないですが、民主党の方々の一部の方が、私語をしていて残念でした。皆さん貴重な時間を使ってプレゼンするのだから、少なくとも聞くべきだし、興味がなかったら最初から出なければ良いのになぁ、と感じました。

・質疑応答が1人の議員に10分与えられているのですが、事前に資料提出しているのだから、事前に質問をメール等でもらっておいて、それを踏まえてプレゼンし、更に質問がある人はする、という形式だったらもっと突っ込んだ議論ができるのに、、、と思いました。

・こうした調査ヒアリングの仕組みは、議員が政策を立案するのではなく、官僚が政策を立案していた頃には合理的だったのだろう、と思いました。すなわち政治家は大枠を理解しておいて、政策の細部は官僚がきちんと組み立てていく、という分業体制ゆえにあり得る形です。今後、真に政治主導になっていくためには、政治家が自らのネットワークを活用し、民間から専門家を複数人引き抜き、イシューごとにプロジェクトチームを組ませて、立案まで持っていく、という形が最も合理的になってくるでしょう。そうなると、与野党が緩いテーマでヒアリングを行う、というようなことの必要性は無くなっていくのだろうな、と感じました。


----------------------------------------------------------------
当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________
posted by 駒崎弘樹 at 22:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | 業務日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
駒崎さんが話されている姿を拝見するのは初めてでしたが、大変感銘を受けました!

こんな素晴らしいプレゼンを聴いて私語をしているような議員に給料支払いたくないですね。

国民保育券と認可保育園の形態拡充は、是非とも実現してもらいたい政策です。ハコモノ事業よりもヒトにカネをつぎ込むという意味で、民主党の本来の考え方にも適っていると感じます。
Posted by 鈴木英介 at 2010年02月26日 01:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142150979
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。