2010年01月17日

阪神淡路大震災の被災者の方々に黙祷。と同時にハイチの被災者の方々の被害に想いをいたす。


姉が東灘区で被災して15年。


命からがら生き延びた彼女からの電話で生存を知ったあの喜びは、今でも覚えている。

政府より早く駆けつけた国民たちの動き。そこから「ボランティア」に注目が集まり、結果としてまだ構想段階にとどまっていたNPO法が具現化へと動き出す。

NPO法は不十分な法人制度であることは間違いない。寄付控除もなければ、所得税も30%で、中小企業優遇税制を受けている中小企業よりも高い。

しかし、NPO法ができる前は、こうした活動をする人達は法人格がないことで事務所一つ借りられなかった。お金を借りられないのはもちろんのこと。不十分であっても、法人格があったお陰で、4万近くのNPO法人が生まれ、それぞれの活動が支えられた。NPO法人を営む者たちは、みな先人たちの努力の恩恵を受けていて、そして阪神淡路大震災で被害を受けた方々や駆けつけて汗まみれで作業したボランティアの方々と、繋がっている。

阪神淡路大震災を想うにつれ、自分達NPOがその責務をきちんと果たしているのか、ということを問わずにはいられない。海の向こうのハイチでは20万人以上の人々が瓦礫に押し潰されて亡くなっている。アメリカはクリントン・ブッシュ両大統領が緊急会見し基金を創り、支援に乗り出している。世界一の地震大国日本は、被災の被害を最小限にするノウハウを世界に拡散できないのだろうか。それは恐らく我々NPOが率先してやらねばならないことだろうに。

昨年はNPO法成立10周年であった。4万にまで増えたNPO法人たち。では次の10年はどこに向かうのか。そのビジョンはNPO学会のようなところでも提示されなかった。

一方で総理自らがNPOに期待をかけていることを所信表明演説で発表するような時代になっている。政府だけでは全ての社会的課題を解決することはできない。ついに借金は収入を超え、国家の長期衰退のトレンドは確定的なものになりつつある。官が独占していた「公共」を、今ほど我々国民が自ら担わなくてはならない時代はないだろう。

NPO法成立から10年。今後の10年は如何にあるべきか。
NPOは、NPOという枠に捉われず、社会性の強い企業等と共に、新たな公共の主要な担い手になるべきだ。
特殊法人や公益法人、独立行政法人等の行政依存度が極めて高い下請け団体達に垂れ流されている補助金を徹底的に見直し、貴重な税金の逸失を食い止める。そして参入障壁を取っ払い、行政に依存しないNPOや社会的企業たちの参入を促す。これまでの「官の下請け」達が補助金で運営していた社会サービスを産業化させ、イノベーションと雇用を生み出すのだ。

そのための一つの道具として、NPOと企業の特徴を併せ持つ、新たな法人格が必要だ。企業からも容易に転換できるよう、非配当の株式を持つことができ、寄付控除も受けられるような社会事業を行う法人。存在意義はNPOと同じく「社会問題の解決」と置き、WEB上での情報開示を義務付け、官からの監査ではなく、民間第三者機関による継続的なチェックを受ける。仮にそれを「社会事業法人」と呼ぶとすると、そうした簡便で機動的な仕組みを生み出し、「新しい公共」を担うプレイヤー達の誕生と参入を促すのだ。

これは今ある町内会等の地縁組織や小規模のコミュニティグループとも共存し、幾重にもセーフティーネットを張り巡らすことになる。小規模会費型、寄付型、事業型、様々な社会事業体が群生し、小さな行政と共に、チャレンジを受けている個人を主体的に支える。こうしたビジョンを次の10年の指針とすることはできまいか。

JAL化する日本に、あえて希望を見出そう。
我々NPOが次のフェーズに移り、新しい公共を担うしなやかで強靭な帯となることが、先人たちへの祈りに代わるものとなるのではなかろうか。

______________________

当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________
posted by 駒崎弘樹 at 15:19 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「全組織が本気で“社会問題の解決”を目指す」
ということが実現できるような仕組みがあると加速しますね!

もちろん、実際に取り組むのは人間なので、個々人の姿勢がもっとも大切ですが。


話は変わるのですが…、
『「社会を変える」を仕事にする』
をつい先日読破いたしました!

紆余曲折ありながらも、
「諦めない」
という姿勢が心に響きました。
(「諦めたらそこで試合終了」ですからね。。)

僕も、
「自殺・犯罪撲滅」
を実現させるべく突き進んでいきます!

駒崎さん、
ありがとうございました★
Posted by 雅斗 at 2010年01月18日 16:54
>雅斗さん

拙著読破、ありがとうございました!
自殺・犯罪撲滅、の目標は素晴らしいと思います。是非その目標実現のために一歩踏み出してもらいたいと思います。
がんばりましょう!
Posted by 駒崎弘樹 at 2010年01月19日 11:18
駒崎様

「働き方革命」読ませていただきました。私たちは一人ひとりが動いて変えていかなければならないんだな。改めて考えさせられました。

駒崎さんの存在はこれからの社会を変えようとしている若者にとって大変心強い存在だなと改めて感じました。

私は実は地元で働く(地元:奈良県)なんてすごくダサい。という偏見を強く持っている人間でした。それは地元が田舎だから、とか、都会で働くほうがかっこいいじゃん。という何ともちっぽけな理由なのですが、駒崎さんの本を読むごとにその偏見が少しずつ緩和されているように感じます。
特に、駒崎さんの家族とのやり取りのくだりを読ませていただいてる際には「私は社会問題を考えて活動して幸せな社会にしていこうと考えているけど、はたして自分の家族を大切に、幸せにできているのか?」と今まで考えたことのない感情が浮かんできました。そしてめったにしない父への電話をしている自分がいました。
社会を幸せにするには自分も自分の家族もハッピーでることが絶対条件なのだと改めて考えさせられました。

こんな風に駒崎さんの本から、今まで気づかなかった部分を発見して考えるきっかけを与えていただいてます。
ありがとうございます。

Posted by 中川雅世 at 2010年01月20日 15:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138672720
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。