2009年11月22日

Twitterの初心者的感想


フォローして下さる方が4ケタになったので、今のところの感想を。


Greenzの@suzukinaoさんに折伏、いや勧められて入信したTwitter。もともとブログを書いていた自分としての感想を五月雨式に。

・最初は自分の日常生活で何してるか、なんて誰も興味ないし、俺も興味ないよ、っていう感じでしたが、ブログ記事を読みこんで表示できることから、非常に興味深い道具として機能することが分かりました。

・それは、ブログに関するレスポンスが分かる、というものです。もちろんブログもコメント機能があるのですが、コメントは感覚として「人の家の庭に手紙を置いてくる」感じですが、Twitterの場合は「自分の庭で僕の記事についてつぶやく」感じなので、よりハードルが低いのでしょう。ブログへのコメントよりも全然多くのレスポンスが返ってきます。

・そのレスポンスによって、「ああ、こういう意見もあるんだな」「こういうことは関心を持たれるんだな」というようなことを、こちらも学ぶことができる。

・また、一歩進んで他人の意見に対してこちらから話しかけ議論をすることもできるのは、勉強になります。例えていうなら飲み会で少し離れたところにいる友達に、「いや、それは違うんじゃないの」と絡んでいたら、隣の人も交じってきて、大議論になる、なんていうこともできるので、面白い。

・ブログにおける「日常生活を日記的に表出したい」という欲求はTwitterによって代替されるように思います。ただ、ブログの持つ「小さな出版」的機能は生き続けるように思います。Twitterの140文字ではたとえば待機児童問題に関する論考を述べられません。

・僕はゲームをほとんどやらないので、Mixi等のSNSは間遠になっています。SNSの未来はきっとよりエンターテイメント寄りになっていくのでしょうね。

・Twiterは現在Twitter社が提供して、誰もかれも入ってくる感じのプラットフォームですが、そのうちセグメントごとに細分化していくのかも知れません。そうなるとするとフォーグッドのように「ソーシャルな人達だけのtwitter」のようなものは、時代を先取りしているのかも。

・Twitterの難点は、メッセンジャーと同じで仕事の生産性をものすごく押し下げることです(笑
僕は移動時間のみ、やるようにしています。

・今後は僕の講演やシンポジウムでハッシュタグをつけてもらって、リアルタイムに質問や意見を受けていく、というような使い方をしていけたらと思います。

______________________

当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________
posted by 駒崎弘樹 at 14:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Blog,Twitterともにいつも興味深く拝見しております。
イベントなどでTwitterを活用される場合、Tweet Bubblesという
アプリがオススメですよー。視覚的に、プレゼンにコメントが
入っていくようなイメージです。
http://tweetbubbles.net/
Posted by EcoBrand 東 大史 at 2009年11月22日 23:31
>東さん

ありがとうございます。tweet bubbles知りませんでした。SFC等ではハッシュタグをつけて生徒同志が授業の感想やノートを共有しているそうですが、これがあれば教員と生徒でより双方向的な授業が可能になりますね。

シンポジウムのパネルディスカッションとかも、リアルタイムに突っ込みいれてもらえるともっとエキサイティングになるんですよね。

今度提案してみよーっと。
ありがとうございます!
Posted by 駒崎弘樹 at 2009年11月23日 10:25
>・僕はゲームをほとんどやらないので、Mixi等のSNSは間遠になっています。

ここの部分がよくわからないです。mixiってゲームじゃないのですが。アプリのこと?それともあなたの中ではSNSとゲームは同等ということですか?

僕は未だにツイッターの面白さを見いだせませんw。あかかじめお題があるおけったーというのが好きですね。ブログコメよりも敷居が低いというのは納得。
Posted by ブリ at 2011年11月20日 07:42
グリーを使ってカワイイ女の子と出会える秘密のテクニックを紹介!一見すると出会いにくそうなグリーでもこの方法で簡単ゲット!出会いをもとめている女の子たちをゲットしたいなら必見です!
Posted by グリー at 2011年11月28日 08:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。