2009年11月15日

【書評】まちづくりの「経営力」養成講座


「まちづくり」は、はっきり言ってマニアックな話です。




しかし自分が住み、暮らしている地域の問題解決≒「まちづくり」なのに、マニアックって、どういうことよ。

それは「まちづくり」が商店街活性化とほぼ同義語で使われていたから。あるいは箱モノ作るのがまちづくり、っていう認識だったから。

違うよね、と。我らが地域を如何に活性化し、よりよき地域にし、次代に残していくのか、その戦略と実践こそがまちづくりなのです。

著者はこれまでの「箱モノ作ってなんぼのまちづくり」と「プロ市民しか参加しない住民参加」の二者択一ではない、オルタナティブな第三の道を提唱しています。それがまちを「経営」する手法です。

著者は、と他人行儀に言いましたが、彼は元同僚であり、同志です。商店街ネットワークという商店街が出資して創った世にも珍しい会社の社長を高校生でやり始めた、日本一まちづくりにマニアックな男。彼とはフローレンスを立ち上げる時に、たくさんの支援を頂きました。一緒に商店街の空き店舗を探した日々が懐かしい。(結局区長に妨害されたのだけども。)

彼とはアメリカの街づくりを見て回りました。民間ビジネス業界の人が「まちづくり会社」を経営し、市民からお金を集めて地域に投資し、地域の価値を向上させる。地域の価値が向上すると家賃や地価が上がり、賃貸収入等に跳ね返ってきて、収益が生まれ、それを街の価値向上に再投資する、というスキーム。
商店街の空き店舗に補助金突っ込んでいる日本とは大違いなわけで。

戦略とビジネス的手法が必要なのは、NPOの世界だけでなく、街づくりの世界でも一緒なわけです。

イオンが来たからシャッター通り商店街になった?違う。その町の人々が、戦略を持ってイオンと差別化する戦略を持たなかったのだ。吉祥寺を見よ、個店と大型店舗が共存共栄しているじゃないか。

我が町を再興したいと思う人々よ。皆さんにとって、この本は損にはならない。
少なくとも、イオンが悪い、行政が悪い、不景気が悪い、と悪いことを全て「他の誰か」のせいにしなくても済む。そしてあなたが意味ある戦略を打ち出し、それを実行すれば、この本にある幾つもの好事例が起こした成果と同程度の達成を手に入れることは、決して夢物語ではない。

______________________

当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________
posted by 駒崎弘樹 at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。