2009年11月09日

男の料理教室参戦記

日本でただ一人のパパ料理家、滝村雅晴氏をお呼びした男の料理教室に、料理のできないダメ男の私、駒崎弘樹が参戦してまいりました。

s-DSCF4983.jpg
パパだけでなく、独身男性も集ったキッチンスタジオ。後ろでは奥さんが心配そうに見つめる中、男の料理教室の火ぶたを切って落としたのは、滝村先生。

s-DSCF4962.jpg

「いいか野郎ども、料理は仕事とおんなじだ!」
(実際は丁寧な敬語でしたが、僕の脳内で変換。)

「限られた時間と限られたリソースで、他者(家族)が喜ぶアウトプットを出す。何の違いもない!」

「土日だけ自分の好きなものを好きな時につくるのは、そりゃ趣味だ!家族の欲しいものを、しかるべきタイミングで作ってこそのパパ料理であーる!」

男塾塾長、江田島平八を彷彿とさせる熱い激に、われわれ参加者は感涙を抑えきれませんでした。

s-DSCF4974.jpg

敵はミネストローネと豆腐サラダ、ガーリックトースト。台所に残った野菜でも作れちゃう、経済性とおいしさを兼ね揃えたやつ。

二人ひと組のチームに分かれ、野菜を切ることから始めた私達でしたが、料理初心者は野菜をどう切れば良いか、分かりません。
「イチョウ切りって、ホワット!?」
とパニックになりながら、何とかミネストローネを煮詰めていきます。

s-DSCF5005.jpg

相方と喋っていると、面倒くさい作業も、楽しいものに変わります。その時ふと気づいたのです。
「ああ、ひとりで料理するって、こういう気分だったんだな。」と。奥さんが料理している時に、近くで一緒に家事をやりながら会話すれば、もっと奥さんも楽しく料理できるに違いない。
そんな気付きをふと得たのでした。

ガーリックトーストの簡単さに感動し、

s-DSCF5013.jpg

ふと見ると、そこには出来上がった料理達。

s-DSCF5020.jpg

先生、ありがとう。俺達、やったよっ!とそこは正にスクールウォーズの世界でした。

8eecc392-s.jpg


二人ひと組の料理男チームに後ろで見ていた奥さんがジョインし、食事タイム。おいしい、と言いながら食べてもらえることに、心底感激したのでありました。やはり仕事でも料理でも、フィードバックは重要です。そう言ってもらえると、作ったかいがあったってもんだよ、と。

s-DSCF5021.jpg

参加者の皆さん、その奥様、お子様たち、そしてパパ料理研究家の滝村先生、本当にありがとうございました!

s-DSCF5025.jpg

______________________

当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 に加えて、千葉県浦安市です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________
posted by 駒崎弘樹 at 21:23 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 とても楽しそうですね。パパ向けの料理教室があるとは知りませんでした。

「料理は仕事と同じだ!」
「限られた時間と限られたリソースで、他者(家族)が喜ぶアウトプットを出す。何の違いもない!」

 結婚して以来8年間、我が家では、料理が得意でない妻に代わって、毎日私が料理を作っていますが、確かに、滝村先生のお言葉は真実だと思います。

 それはともかく、日本の男性は、今でも「家事=女性のもの」という認識が強いのではないでしょうか。

 会社の後輩(20代・男性)などを見ていると、比較的、家事に協力している人も多いようですが、まだまだ「参加」レベルです。「参加」ということは、『本来は自分の仕事じゃないけど、手伝うよ。』というスタンスです。

 正直なところ、毎日料理するのは本当に大変です。全ての男性が料理できるようになるのは理想ですが、そうならなくても良いと思います。

 ただ、もし自分が料理をしないなら、パートナーのために、せめて料理を作ることの大変さだけは理解してあげてほしいところです。

 「理解」の先に「感謝」があれば最高ですが、まずは知るだけでも十分でしょう。

 より良い子育てのためには、まずパートナーと良好な関係を築くことが大切です。

 日々の料理に対する意識を少し変えるだけでも、パートナーとの関係を良くするヒント、引いては、より良い子育て環境を作り出すヒントに出会えるのではないでしょうか。
Posted by ダイスケ at 2009年11月10日 00:18
【料理の動機】
チャーハンが好きで中華料理屋に行くのも大変だし米とタマゴにしては高いので家で作る。

沖縄に行って軟骨ソーキがおいしくて埼玉でも食べたいけど近くに店がないから家で作る。
→圧力鍋購入。

せっかく圧力鍋があるからとりあえず肉を買ってきて煮てみる。

圧力鍋に蒸し器セットが付いていたので野菜を蒸して温野菜パーティーを家でしてみる。

こんなことをやってるとスーパーで「鶏ガラ」を発見するととりあえず煮出したくなります。そして黄金スープができて感動。どんなにウマイものができるのだろうとワクワクする。そして味を付けようと思ってうっかり醤油を入れたらただのラーメンスープになってガッカリしたり。


ここまでくると外食しておいしいと家で作ろうとしてしまいます。そんな記事を心待ちにしております。
Posted by nyoke at 2009年11月10日 18:44
駒崎さん
こんにちは!tae@沖縄です。いいですねえ。料理ができる男はセクシーだ。なぜなら相手を喜ばせるエッセンスを知っているからなのです。と1枚目の写真にとご一緒なのは先日わが家にきてくださった、ETICのSさん、不思議なご縁を感じました。ちなみにうちのだんな(料理は調理師なんで当たり前ですが)は私よりすべて家事がうまいです。(笑)
Posted by tae at 2009年11月10日 20:44
>nyokeさん

そこまではまだ、初心者なんでしばらくはいかないと思います・・・涙
すいません!
Posted by 駒崎弘樹 at 2009年11月11日 00:36
>taeさん

そうおっしゃって頂けると、発奮致します。がんばるぞ!!
Posted by 駒崎弘樹 at 2009年11月11日 00:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。